【実車で見る 開発の狙い】メルセデス・ベンツ改良新型Eクラス/ステーションワゴン 幹部Q&A

公開 : 2020.03.03 23:17  更新 : 2021.04.26 15:06

メルセデス・ベンツEクラスが、マイナーチェンジを受けました。発表会場からセダンとワゴンの実車写真が届いています。関係者にインタビューしてきました。

メルセデス・ベンツEクラスがマイナーチェンジ

ついに欧州で発表されたメルセデス・ベンツの改良新型Eクラス。プラグイン・ハイブリッド車も用意し、電動化に本腰を入れたモデルだ。

同じマーケットをBMW 5シリーズと争ううえで、気になるのは新しいEクラスのストロング・ポイント。

改良新型メルセデス・ベンツEクラス/ステーションワゴン
改良新型メルセデス・ベンツEクラス/ステーションワゴン

プロダクト・マネージャーのアンドレア・ルーランドに質問をぶつけてみよう。

MBUXの狙い

ーー今回のフェイスリフト、注目すべき点は?

何よりも強調したいのは、車内の快適性を高めたことです。最大の目的は、インテリジェンスを感じさせるクルマにし、インテリアをモダンにすることでした。

改良新型メルセデス・ベンツEクラス
改良新型メルセデス・ベンツEクラス

改良新型にはMBUXを導入しました。もはやアナログの計器類は存在しません。まさに、“オールデジタル”の世代です。

内装のクオリティアップ

ーーEクラスを買い続けてくれたカスタマーを納得させるために、どんなチャレンジがありましたか?

Eクラスというのは、プライベートにも、ビジネスシーンにも使われてきました。長い時間ドライブをするユーザーなら、乗り心地を重要視するでしょう。

改良新型メルセデス・ベンツEクラスの内装
改良新型メルセデス・ベンツEクラスの内装

それに、座り心地のいいシートは外せません。

ローンチラインナップにPHEV

ーーEUの環境規制を満たすために、プラグイン・ハイブリッドが果たす意味とは?

Eクラスにとって電動化は重要なポイントになっています。プラグイン・ハイブリッドは、まさに適しているのです。

改良新型メルセデス・ベンツEクラス
改良新型メルセデス・ベンツEクラス

発表当初からプラグイン・ハイブリッドをラインナップすることにしました。もちろん、右ハンドル車もご用意しています。

それ以外のパワートレインを採用したモデルにもスターター・ジェネレーターが搭載されていますよ。環境性能を高めるうえで、大いに役立つはずです。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像

×