【今夏、欧州発売】アルファ・ロメオ 2020年型ジュリア/ステルヴィオ「クアドリフォリオ」 内装/ADASもアップデート

2020.05.08

サマリー

アルファ・ロメオの「ジュリア」「ステルヴィオ」の上級モデル、クアドリフォリオが、アップデートされて欧州で今夏発売されます。新しいデザイン、テクノロジー、安全機能を追加し、魅力的なクルマとなりそうです。

もくじ

改良新型クアドリフォリオ登場
内装の変更点は?
ADASもアップデート

改良新型クアドリフォリオ登場

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

アルファ・ロメオは、ジュリアとステルヴィオの上級モデル、クアドリフォリオにアップデートを加えた、2020年型の詳細を明らかにした。

標準のサルーンおよびSUVと同様の変更が加えられ、テクノロジー、デザイン、安全性のアップグレードを受け、新しいメルセデスAMG C63とBMW X3 Mに対抗する。

改良新型アルファ・ロメオ・ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオ
改良新型アルファ・ロメオ・ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオ

エクステリアへの変更は多くないが、ダークレンズと光沢のあるブラックのディテールを備えた、新しいLEDリアライト・クラスターが含まれている。

ステルヴィオには、21インチのアロイホイールオプションが追加される。

FCAのパーツおよびアクセサリー部門のモパーが設計した、新しいカーボンファイバー・フロントグリル、カーボンファイバー・ミラーキャップ、カーボンファイバー・スポイラーが追加されている。

往年の名車にちなんだ3つの新しいペイントカラー、6Cヴィラ・デステ・レッド、GTジュニア・オーカー、モントリオール・グリーンも導入される。

内装の変更点は?

インテリアには大きな変更が加えられる。

同社が「より触覚と視覚に訴える」と表現する、センターコンソールへと再設計され、ストレージも改善される。

改良新型アルファ・ロメオ・ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオの内装
改良新型アルファ・ロメオ・ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオの内装

注目は、8.8インチのタッチスクリーン、コネクテッドサービス、新しいインターフェースを備えた、新しいインフォテインメントシステムが追加されたこと。

パワーとトルクの使用状況、コンポーネントの温度、ターボブースト圧に関する、リアルタイムデータを提供する、新しいパフォーマンスページメニューを搭載している。

また、ステアリングホイールとギアセレクターの、カーボンファイバー・スタイルのトリムがレザーステッチに交換され、レッドまたはグリーンのシートベルトと、パーフォレーテッドレザーがオプションで追加される。

ADASもアップデート

先進運転支援機能も新しくなった。

交通渋滞アシスト、高速道路アシスト、アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援、ブラインドスポットモニタリング、交通標識認識などの機能を含む、ボッシュが開発したレベル2のシステムが採用される。

改良新型アルファ・ロメオ・ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオ
改良新型アルファ・ロメオ・ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオ

パワートレインへの変更はなく、同じツインターボ2.9L V6エンジンから、510psと61.2kg-mのトルクが、ジュリアのリアアクスルと、ステルヴィオの前後のアクスルに送られる。

またオプションに、カーボンファイバー・テールパイプを備えた、アクラポビッチ製の、デュアルモード・チタン・エグゾースト・システムを追加した。

アップグレードによる若干の値上げが見込まれる、ジュリアとステルヴィオ・クアドリフォリオは、今夏からヨーロッパの国々で受注を開始。

100kgの軽量化と、540psのパワーを備えた限定販売のハードコアモデル「GTA」に続いての発売とあって、今後のアルファ・ロメオに期待が高まる。

 

人気記事