【飼い慣らされた野生】ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダーへ試乗 後編

2020.05.15

サマリー

日常暮らす社会にも、溶け込んで走れるウラカン・エボ。本性を解き放てば、圧倒されるほどの走りも楽しめる、二重人格的なマシンでもあります。今のランボルギーニを象徴する1台を、英国郊外の一般道で評価しました。

もくじ

クーペでは楽しめない素晴らしい秘密
希有なランボルギーニ製V10エンジン
効果的ながら不自然さの残るLDVI
モダン・ランボルギーニを象徴する
ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー(英国仕様)のスペック

クーペでは楽しめない素晴らしい秘密

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
新しいランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダーへ座ってみる。車内は包まれ感が大きい。足元の空間は、少し不足気味のようだ。

古くからミドシップのランボルギーニがそうだったように、ウラカンも人間が座る空間の設計は、後回しだったのかもしれない。ウラカンスパイダーは特にその傾向が強い。エンジンルームとの境界となるファイアウォールが、クーペよりも前方に位置するからだ。

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー(英国仕様)
ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー(英国仕様)

新しいオプションのスポーツシートは、足元空間に余裕を生んでくれるかもしれないが、試乗車には非装着。身重の高いドライバーの場合、髪の毛がソフトトップに触れてしまいそうだ。

フラットボトム形状のステアリングホイールは、しばしばドライバーの太ももに当たる。2020年のクルマとしては、許されない設計だと思う。クーペの方がまだ良いとはいえ、大差はない。

そのかわりスパイダーには、ソフトトップを閉じていても、クーペでは楽しめない素晴らしい秘密がある。リアの小さなスクリーンを下げると、バルブトレインのメカノイズや、エグゾーストの叫びを、直接車内へ届けることができるのだ。

極めて印象的なエンジンノイズを、ダイレクトに楽しめる。その音響を一度聞けば、天候に関わらず、リアのスクリーンだけは開けたままにしたいと思うだろう。

 
最新試乗記

人気記事