北京モーターショー:次世代フェラーリ・エンツォ用HY-KERS

公開 : 2012.04.24 13:25  更新 : 2017.06.01 00:55

フェラーリは、F-1にインスピレーションを受けた新しいハイブリッド・ドライブトレインを、次世代のフェラーリ・エンツォ用として北京モーターショーで発表した。

陳列されたパワートレインはHY-KERS 2012と題され、電気モーターを備えたデュアル・クラッチ・ギアボックスをV12エンジンの後ろに到着している。また、フロントにももう一つの電気モーターが補助して存在する。

このHY-KERSは、今年後半にデビューが予想されている新しいフェラーリ・エンツォに搭載される予定だ。

フェラーリは2010年のジュネーブ・モーターショーでもHY-KERSシステムを発表している。このシステムはフェラーリ599に搭載され、2年以上のテストが行われた。そのテストの中で、サイズも重さも小さくすることができたのだ。

このHY-KERSは40%近くCO2排出量を減らすとフェラーリはアナウンスしている。

フェラーリのCEO、アメデオ・フェリーサによれば「研究は最終的な段階で、数カ月後には本格的な開発がスタートする」ということだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事