北京モーターショー:シトロエン・ヌーメロ9

2012.04.24

シトロエンは今まで200,000台以上のDSを販売した。それを2012年には、ロシア、ブラジル、中国を含む新興市場に拡販する予定だ。

ヌーメロ9は、BMW 5シリーズのライバルとなるモデルで、おそらくDS9のネーミングで発売されることとなる。全長4930mm、全幅1940mm、全高1270mmで、ホイールベースは3000mmとなる。そのサイズはBMW 7シリーズと5シリーズの中間といったところだ。

重さは1500kgで、21インチのタービン・エアロダイナミック・アロイ・ホイールが、エア・アラウンド・ホイール・アーチに取り付けられる。

その設計はパリで行われ、3Dエフェクト・グリル、LEDデイタイム・ライトを含むLEDライトなどが特徴だ。また、フローティング・ルーフや、クロームメッキが多様されたトリムなどは、今後の新しいDSシリーズにも流用されるものと思われる。

コンセプト・モデルのパワー・トレーンは、プラグイン・ハイブリッドのAWDとなる。69bhp、20.5kg-mのモーターはリア・アクスルを駆動し、221bhp、28.0kg-mの1.6thpガソリン・エンジンはフロント・アクスルを駆動する。ディーゼル・エンジンもヨーロッパ市場のために用意されるという。

モーターとガソリンのハイブリッドを搭載したコンセプト・モデルは、0-100km/hを5.4秒というパフォーマンスを持つ。しかも、燃費は驚くことに58.8km/lで、CO2排出量も39g/kmである

 

人気記事