【似ているけれど】VW Tロック、ティグアン/Tクロスとの違いは? 価格/サイズ/エンジン解説

公開 : 2020.07.15 11:00

フォルクスワーゲンTロック パワートレイン

本国仕様のTロックにはガソリンエンジンも設定されているが、今回、日本に導入されるTロックのパワーユニットは、2L(1968cc)の直列4気筒DOHCターボディーゼル(TDI)のみとなっている。

最高出力は150ps/3500-4000rpm、最大トルクは34.7kgm/1750-3000rpm。このエンジンは、日本仕様のティグアンなどにも搭載されて定評のあるものだ。ティグアンのものとは、パワースペックや発生回転数も同じだ。

フォルクスワーゲンTロック
フォルクスワーゲンTロック    フォルクスワーゲン

組み合わされるミッションは、7速のデュアルクラッチ・トランスミッション(DCT)であるDSG。低速域からトルクフルなTDIエンジンとの相性は良く、SUVらしい走りを堪能できる。

しかも、燃費もWLTCモードで18.6km/Lを達成しており、低燃費と高性能を両立したパワーユニットだ。燃料タンク容量は50L。もちろん軽油を使用する。

ガソリンエンジン車の日本導入に関してはアナウンスされてはいないが、4WDモデルの導入も含めて、将来的には十分に可能性は高いだろう。

フォルクスワーゲンTロック 装備

Tロックは、フォルクスワーゲンの上位モデルに匹敵する、充実した先進安全装備を備えている。

たとえば、「ACC」アダプティブ・クルーズコントロール(全車速追従機能付き)、「レーンアシスト」レーンキープ・アシストシステム、デイタイム・ランニングライト、ブラインドスポット・ディテクション(後方死角検知機能)、リヤトラフィック・アラートシステム(後退時警告・衝突被害軽減ブレーキ機能)、そして「フロントアシスト」プリクラッシュブレーキシステム(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付き)が、全車に標準装備されている。

フォルクスワーゲンTロック
フォルクスワーゲンTロック    フォルクスワーゲン

その他にも、エアバッグなどの衝突安全やポストコリジョンブレーキシステムといった二次被害を防止する技術なども採用されており、高い安全性を実現している。

快適装備でも、LEDヘッドライト(一部を除く)、インフォテインメントシステム「ディスカバー・プロ」、デジタルメータークラスター、モバイルオンラインサービスなど、充実した内容を誇っている。

フォルクスワーゲンTロック 価格

日本仕様のTロックは、4グレードが設定されている。グレード名と車両価格(消費税込み)は、「TDI スタイル」が384万9000円、「TDI スタイル デザインパッケージ」が405万9000円、「TDI スポーツ」が419万9000円、そして「TDI Rライン」が453万9000円となっている。

全車とも、ステアリング位置は右、ミッションは7速DCT、駆動方式はFFのみとなっている。グレードの違いは装備の違いのみで、パワートレインのスペックは共通だ。

フォルクスワーゲンTロック
フォルクスワーゲンTロック    フォルクスワーゲン

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事