【女神と呼ばれた巨人】デイムラーDE36 フーパー グリーン・ゴッデス 前編

公開 : 2020.08.02 07:20  更新 : 2020.12.08 08:32

グリーン・ゴッデスと呼ばれたデイムラーDE36。新車時でも7台のみ、現存するのは5台という、貴重なクラシック・ラグジュアリーです。英国のコーチビルダーが有した高い技術力を伺い知れる1台を、ご紹介しましょう。

もくじ

フーパー社が手掛けたドロップヘッド・クーペ
当時最も高額だったグリーン・ゴッデス
壮大な雰囲気を放つコーチビルド・ボディ
緑の女神を注文した謎の人物

フーパー社が手掛けたドロップヘッド・クーペ

text:Martin Buckley(マーティン・バックリー)
photo:John Bradshaw(ジョン・ブラッドショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
荘厳な雰囲気を漂わせる、デイムラーDE36 グリーン・ゴッデス。多くの人を魅了するクラシックだが、招き入れたいと思う人は見つかるだろうか。

ボディの全長は5.6m、車重は2.7t。最小回転直径は15.2mもある、大きなコンバーチブルだから、手を出せる人は限られてしまう。

デイムラーDE36 フーパー・ドロップヘッド・クーペ「グリーン・ゴッデス」(1948年〜1953年)
デイムラーDE36 フーパー・ドロップヘッド・クーペ「グリーン・ゴッデス」(1948年〜1953年)

英国で歴史を重ねてきたブランドが、戦後の世界に放った巨人。直列8気筒エンジンを積んだグリーン・ゴッデスは、象牙色のブガッティ・ロイヤルとの比較対象になった。

現在も生き残っているグリーン・ゴッデスは、5台だと考えられている。今回ご紹介する1台は、シャシー番号51724。2番目に誕生した女神だ。

グリーン・ゴッデスは、コーチビルダーのフーパー社が手掛けたドロップヘッド・クーペ。その美しさで、デイムラーは抱えきれないほどの評判を集めた。

英国の新聞は、「太陽の騎車」と呼んだ。第二次大戦後の冷え込んだ英国に熱気を取り戻す、素晴らしいクルマだと評価された。

戦後間もない英国では、ガソリンは毎月45Lの配給制。燃費4.2km/Lの女神を養える人は、極めて限られていた。

反面、乗り回せる余裕を持つ人物にとって、1940年代後半では最強のコンバーチブルだったに違いない。優雅な乗り心地を、俳優のスチュワート・グレンジャーも楽しんでいたのだろう。

あるいは可能性として、女優のダイアナ・ドースも。英国のマリリン・モンローと形容された彼女は、コーチビルダーのソーチックが仕上げたドライエを所有するほどだった。

当時最も高額だったグリーン・ゴッデス

1948年のアールズ・コート、ロンドン・モーターショーに出品されたグリーン・ゴッデスのプロトタイプは、7001ポンド。現在の価値では、25万ポンド(3350万円)ほどになる。

デイムラーの会長を務めていた、バーナード・ドッカー卿のために作られたクルマで、当時の出品車両では最高額。おそらく、世界で一番高いクルマだったと思われる。

デイムラーDE36 フーパー・ドロップヘッド・クーペ「グリーン・ゴッデス」(1948年〜1953年)
デイムラーDE36 フーパー・ドロップヘッド・クーペ「グリーン・ゴッデス」(1948年〜1953年)

デイムラー製のシャシーには、独立懸架式のフロント・サスペンションとガーリング社製の油圧ドラムブレーキを備えていたが、価格に対する割合は29%程度。残りは、コーチビルダーのフーパー社へのボディワークと、政府の物品税に消えた。

およそ5.6mの全長だから、ホイールベースもボディサイズも、当時の欧州モデルでは最長。2席のリアシートは、オペラ・スタイルとして高く持ち上げることが可能だった。ドライバーの頭上から、良い眺めを楽しめた。

あるいは折り畳み、小さな荷室を補う荷物置き場にも使える。そうすれば、巨大な3シーターのロードスターになる。

英国王室御用達の保守的なロイヤル・リムジンを製造していたデイムラー。グリーン・ゴッデスは、世間を驚かせる方針転換として受け止められた。1930年代初頭にまでさかのぼれば、派手なダブル・シックス・スポーツという前例はあったが。

エンジンは、排気量5.4Lの英国最後となる直列8気筒。最高出力は152psで、大人5人が乗れば3tを越えるコンバーチブルを、144km/hの最高速へなんとか届けた。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事