【試作車と幻に消えた2シーター】デイムラー・ダート SP250とSP252 前編

公開 : 2020.09.05 07:20  更新 : 2020.12.08 08:35

現存する最も古いデイムラーSP250は、量産前のプロトタイプ。一方で、ジャガーを創業したウィリアム・ライオンズも試乗したであろう、幻で終わったSP252も残っています。美しい2シーターの歴史を、紐解いてみましょう。

もくじ

ジャガーに買収されたデイムラー
MkIIとして試作された唯一のSP252
AUTOCARの試乗評価も受けた赤いSP250
英国に帰ってきた2シーター・スポーツ

ジャガーに買収されたデイムラー

text:Martin Buckley(マーティン・バックリー)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
赤いボディが眩しいナンバーXHP 438のクルマは、現存する最も古いデイムラー・ダート、SP250だと考えられている。しかも量産初期のモデルではない。デイムラーが生み出した愛すべきスポーツカーの、量産前に作られたプロトタイプだ。

量産版と、見た目上の大きな違いはない。このクルマのおかげで、2650名の量産版オーナーは、海底魚のようなフォルムのボディと、楽しさに溢れたエンジンが組み合わされたスポーツカーを手に入れることができた。

デイムラー・ダートSP250プロトタイプ(1959年)
デイムラー・ダートSP250プロトタイプ(1959年)

燃費は良いとはいえない。だが排気量2.5LのV8エンジンはシルキー・スムーズで驚くほど柔軟。当時のユニットとしては、ベストといえる完成度だった。

ツンと立ち上がったテールフィンを持つ、2シーター・スポーツの最高速度は196km/h。1959年の英国コベントリーで生み出されていたモデルとしては、珍しいほど高い性能を誇った。

1960年5月、ジャガーの創業者、ウィリアム・ライオンズはデイムラーを買収する。ジャガーの生産能力を拡大する目的で、手中に収めたのだった。

ライオンズは、ほとんどSP250は眼中になかった。高い価格もあり、北米市場では優れた評価を得られずにいた。そもそも北米ではデイムラーの知名度は低く、サービス体制も不十分。売れなくても仕方ない状態だった。

しかもデイムラーは、北米市場でダートという名前の商標権を確認しなかった。クライスラーが、ダッジ・ダートとしてすでに権利を持っており、評判に泥を塗る格好になってしまった。

MkIIとして試作された唯一のSP252

一方でライオンズは、SP250の新バージョン、SP252の計画を喜んで受け入れた。モデルとして、黒字化は難しかったのにも関わらず。

新しくSP252のスタイリングはデザインし直されるが、基本構成はほとんど変わっていない。エンジンもシャシーも同じもので、グラスファイバー製ボディの構造的な形状も同一だ。

デイムラー・ダートSP250 プロトタイプ/デイムラーSP252 プロトタイプ
デイムラー・ダートSP250 プロトタイプ/デイムラーSP252 プロトタイプ

SP252は1961年から1963年にかけて、ジャガーのプロトタイプ部門で3台が作られた。現存するのは、シャシー番号10005を付けた1台のみ。今回ご登場いただいた、LHP 307Fのナンバーを付けるクルマだ。

唯一となるMkIIのSP250は、ジャガー・デイムラー・ヘリテイジ・トラスト(JDHT)・コレクションの1つとして、ブリティッシュ・モーター博物館でスポットライトを浴びている。シャシー番号10002の、SP250プロトタイプとともに。

そんな2台を振り返ってみよう。

1958年、デイムラーの当時の親会社、BSA社は、初代SP250の生産計画を前進させる。トライアンフのエドワード・ターナーが設計する90度V8エンジンは、1957年からテストが行われていた。

グラスファイバー製ボディは、生産コストの低さと、デザイン・プロセスの速さから選ばれた。シャシーとトランスミッションも、トライアンフTR3に依存していた。

SP250の試作シャシーは6台ぶんが作られた。トライアンフがバイクの設計を進める中で、6台は一般的な手法だった。だが、実際にクルマとしてカタチになったのは、3台だけだった。

関連テーマ

 
最新試乗記