【直6エンジン・サルーン比較】ボルボ164とデイムラー・ソブリン2.8 1968年の同級生 前編

公開 : 2021.03.07 07:05

退屈なサルーンに見られてきた、ボルボ164とデイムラー・ソブリン。堂々とした佇まいから、近年は注目を集めるように変化しつつあります。英国編集部が2台をご紹介します。

もくじ

装飾なしでも威厳を放つ2台のサルーン
アメリカンな見た目から脱却を図ったボルボ
より高価なクルマを不要にするほどの内容
2台に共通する表現できない落ち着き

装飾なしでも威厳を放つ2台のサルーン

text:Andrew Robrts(アンドリュー・ロバーツ)
photo:John Bradshaw(ジョン・ブラッドショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

1960年代後半、フォード・コルセア2000Eはクロームのモールとビニール張りのルーフで飾り立て、再び注目を集めようとした。一方でデイムラー・ソブリン2.8やボルボ164の場合、そんなお飾りは必要なかった。

優れたスタイリングが与えられたクルマは、装飾なしでも威厳を静かに放つことがある。誕生から50年以上が経過する今、風格あるクラシックとしての存在感を漂わせている。

白のデイムラー・ソブリン2.8とクリーム色のボルボ164
白のデイムラー・ソブリン2.8とクリーム色のボルボ164

1968年、英国のビジネスマンはウーズレー6/110の生産終了を嘆いた。競合モデルのパンフレットを揃えてみても、匹敵するほどの魅力を感じることはできなかっただろう。

フォード・ゾディアック・エグゼクティブやヴォグゾール・ビスカウントには、良いイメージが少し足りていなかった。トライアンフ2.5PIは少々派手すぎた。オースチン3リッターは、ウーズレーのようなブランド力を備えていなかった。

代役不在に悩む人が続出する中で、ボルボが救いの手を差し伸べる。新しい164で。

輸入車という選択に、抵抗を感じた英国紳士もいただろう。しかしボルボは、長い時間をかけて一定の地位を築いていた。

当時のモーター誌は、「快適で高品質なファミリーカーとして、過去最高のボルボ。ほかのメーカーが真似することは難しいでしょう」。と称賛する文面を掲載した。

フロントグリルも見事だった。ボルボのチーフデザイナー、ヤン・ヴィルスガールドは、ウーズレー6/99からスタイリングのインスピレーションを受けたようだ。

アメリカンな見た目から脱却を図ったボルボ

ボルボの期待を背負った164が発表されたのは、1968年のパリ自動車ショー。144の登場から2年後で、B30型と呼ばれる新しい3.0L直列6気筒ユニットを搭載するため、ホイールベースは100mmほど伸ばされていた。

1938年から1958年に製造されたボルボPV800は、タクシーとして英国でも活躍していた。旧式の6気筒ユニットを載せた、先輩に当たるモデルだった。その生産終了から10年後、BMW 2500やメルセデス・ベンツW114がライバルになるモデルが誕生した。

ボルボ164(1968-1975年)
ボルボ164(1968-1975年)

1966年に発表された144は、見落とされがちなクラシック・ボルボだ。アメリカン・スタイリングからの脱却を図った、初めてのモデルだからかもしれない。実際、アマゾンやPV544とは異なり、デトロイト臭はみじんもない。

144は、欧州のエグゼクティブをターゲットにしていた。ロングボディ版の164も同じデザインテーマを受け継ぎ、北米での販売強化に焦点を当てていた。

時を同じくして、ボルボ164へ感心を抱いたドライバーは、ジャガーXJ6の登場にも心が動いたはず。「英国が提供できるベスト・モデルでしょう。過去75年で一番といえます」。と当時のカー誌は褒め称えている。

1968年10月、XJ6はジャガーより立派な容姿に仕立てられ、デイムラー・ブランドからも発売が始まる。「ソブリン・バイ・デイムラー」とうたれたカタログには、「力強い高級感」や「権威的な雰囲気」という言葉が並んだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事