【価格/サイズ/航続距離は?】アウディeトロン・スポーツバック 9/17発売のSUVクーペ 日本のEV市場に参入

2020.09.17

eトロン・スポーツバック 内装

インテリアは、2930mmというホイールベースによって、乗車定員5名とその荷物を搭載するスペースを確保。室内空間は、アウディのフルサイズ・モデルに匹敵する水準だという。

プロペラシャフトが不要なため、フロアはフラットに。室内長、後席のニールームもフルサイズSUVではセグメント・トップ・クラスの数値となっている。

eトロン・スポーツバックの前席内装
eトロン・スポーツバックの前席内装

リアシートはクーペスタイルのためヘッドスペースが少々狭いが、おとな4人がくつろいで乗ることができるだろう。

車内の作りは、最新のアウディ車に共通した、デザインとテクノロジーをシームレスに融合させた上質なものでクオリティの高さを感じさせてくれる。

ラウンジのような広く開放的な空間で目を引く水平基調のダッシュボードの中央には、2つのMMIタッチレスポンスのディスプレイが上下にレイアウトされている。

メーターパネルを全面モニターとしたアウディ・バーチャルコックピットをはじめとするデジタルオペレーション機能が、アウディの先進性を象徴している。

ディスプレイをオフにすると、上部ディスプレイは周囲のブラックパネルに溶け込んでほとんど見えなくなる。また高電圧をイメージさせるオレンジカラーをインテリアにも採用することで、eトロンの個性を際立たせている。

ラゲッジスペース容量は、フル乗車時でも660Lを確保した。

 

人気記事