【これで全モデルに】M・ベンツ A/B/CLAクラスにも「レーダーセーフティ・パッケージ」標準搭載へ

2020.09.17

サマリー

メルセデス・ベンツ日本が、Aクラス、Bクラス、CLAクラスなどのコンパクトカーに、「レーダーセーフティ・パッケージ」の標準化を発表。これで、日本販売する全モデルに標準搭載されることになりました。

もくじ

セダン/シューティングブレークも
Aクラス ホイール・デザイン変更

セダン/シューティングブレークも

メルセデス・ベンツ日本法人は、「Aクラス」などのコンパクトカー・シリーズにオプション設定していた安全運転支援システム「レーダーセーフティ・パッケージ」を標準装備化すると発表した。

新たに対象となるのは、「Aクラス」「Aクラス・セダン」「Bクラス」「CLA」「CLAシューティングブレーク」という5モデル。

メルセデス・ベンツの日本モデル全車種に、レーダーセーフティ・パッケージが標準搭載されることになった。画像はA180スタイル。
メルセデス・ベンツの日本モデル全車種に、レーダーセーフティ・パッケージが標準搭載されることになった。画像はA180スタイル。

本日9月17日より予約注文の受付を開始するという。

今回の標準装備化により、メルセデス・ベンツ全モデルに同パッケージが標準装備されたことになる。なお、AMGモデルは従来より標準で搭載されていた。

レーダーセーフティ・パッケージ自体の機能強化としては、高度なステレオ・マルチパーパス・カメラとレーダーセンサーの働きにより、周囲の交通状況を的確に把握できるようになっている。

Aクラス ホイール・デザイン変更

同パッケージに含まれる機能は下記のとおりとなっている(モデルによって異なる)。

アクティブ・ディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)
アクティブ・ステアリングアシスト
渋滞時緊急ブレーキ機能
アクティブ・レーンチェンジング・アシスト
アクティブ・エマージェンシーストップ・アシスト
アクティブ・ブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付き)
緊急回避補助システム
トラフィックサイン・アシスト
アクティブ・レーンキーピングアシスト
アクティブ・ブラインドスポット・アシスト(降車時警告機能付き)
PRE-SAFEプラス(被害軽減ブレーキ付き後方衝突警告システム)
PRE-SAFEサウンド
ドライブアウェイアシスト

 Aクラス、Aクラス・セダンのホイールも、今回の発表にあわせてデザインを変更した。
Aクラス、Aクラス・セダンのホイールも、今回の発表にあわせてデザインを変更した。

また、今回の発表にあわせて、AクラスおよびAクラス・セダンのホイールデザインが刷新された。

納車は CLA(クーペ/シューティングブレーク)が9月下旬頃より、その他のモデルが10月以降を予定している。

 

人気記事