【輸入車ランキングに異変】カクカクしたジープ「ラングラー」がトップ20入り なぜ増えた? 鍵は価格/リセール

2020.09.26

サマリー

メルセデス・ベンツ/フォルクスワーゲン/BMW/アウディ/BMWミニが上位を占めるのが通例の正規輸入乗用車のブランド別販売ランキング。ところが最近、ジープが目立った動きをしています。理由を探りました。

もくじ

ドイツ車が68% 輸入車の世界に異変
ジープ売れ行き急増 トップ20入り
SUV人気の高まり 原点回帰の気運
さまざまなモデルから乗り替えがある
価格に対してリセールバリューが良い
昨今のクルマの世界を象徴する人気動向

ドイツ車が68% 輸入車の世界に異変

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

2020年1〜8月における正規輸入乗用車のブランド別販売ランキングを見ると、1位がメルセデス・ベンツ、2位はVW(フォルクスワーゲン)、3位はBMW、4位はアウディ、5位はBMWミニであった。

上位5ブランドの登録台数を合計すると、正規輸入乗用車全体の68%を占めてしまう。今でもドイツ車の人気が圧倒的に高い。

ジープ・ラングラー
ジープ・ラングラー    ジープ

そうなると正規輸入車の車種別販売ランキングの上位に入るのもドイツ車である。

2019年(暦年)は、1位がミニ(ブランド全車合計)、2位はフォルクスワーゲン・ゴルフ、3位はメルセデス・ベンツCクラスという具合に続く。

2018年以前も同様で、フルモデルチェンジをおこなうと、フォルクスワーゲン・ポロ、メルセデス・ベンツEクラス、BMW 2シリーズなども上位に浮上する。

車種は入れ替わるが、トップ20モデルが所属するブランドはおよそ決まっている。

大半が先に挙げたドイツの5ブランド(メルセデス・ベンツ/フォルクスワーゲン/BMW/アウディ/BMWミニ)に属しており、残りはスウェーデンのボルボが要する小型SUV、XC40などだ。

ところが2019年には異変が生じた。まったく異なるブランドがトップ20車に飛び込んできたからだ。

 

人気記事