【量産AMG最強の730ps】メルセデスAMG GTブラックシリーズへ試乗 新V8搭載 前編

公開 : 2020.10.18 10:20

メルセデスAMGの量産モデルとしては最強を誇る、サーキットマシンが登場。730psを生み出すV8エンジンもトピックですが、シャシーが煮詰められ、ドライビング体験も大幅に引き上げられています。ドイツで評価しました。

もくじ

歴代6台目となるブラックシリーズ
メルセデスAMG量産モデルで最強の730ps
レーシングカー的なインテリア

歴代6台目となるブラックシリーズ

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
こんな話題は、最近珍しい。新しいエンジンをご紹介できる機会は、あとどれくらいあるだろう。

メルセデスAMG自慢の、クロスプレーン・クランクを備えた4.0 V8エンジンがバージョンアップ。AMG GTブラックシリーズ用として、フラットプレーン・クランクのV8ユニットに生まれ変わった。

メルセデスAMG GTブラックシリーズ(欧州仕様)
メルセデスAMG GTブラックシリーズ(欧州仕様)

ただしこれは、AMG製の2シーター、GTクーペを陶酔させるようなサーキット・マシンに仕立てた要素の1つ。ほかにも、エアロダイナミクスの改良など、数え切れないほどの改良が加えられている。

過去にも、何台かのブラックシリーズという特別仕様が、AMGのモデルラインの頂点を飾ってきた。今回はその6番目となる。

これまでに登場したブラックシリーズは、SLKとCLKのほか、カッコいいSLに、とてつもないC63。直近となっていたのは7年前のエース、SLSだ。

すでに十二分な迫力を持つAMG GT。仮にハンドリングの向上だけなら、気付きにくいかもしれない。もちろん、見た目もちゃんと差別化されている。

数多くのカーボンファイバー製部品が投入され、AMG GT Rと比較して、ブラックシリーズは35kgも軽く仕上がっている。レースカーのGT3の開発にも関わった技術者が、空気力学的な改良を施している。

トラック・パッケージでは、チタン製のロールケージと4点ハーネスが標準装備となる。ホイールは10スポーク・デザインの鍛造品。フロントが19インチでリアが20インチとなる。ブレーキはカーボン・セラミック製だ。

メルセデスAMG量産モデルで最強の730ps

そしてV8エンジン。これまでのクロスプレーンのV8エンジンも、酔わせてくれるユニットだった。それがフラットプレーンに変わっている。これにより点火タイミングを最適化でき、カウンターウエイトも軽くできる。

AMGはさらに、クランクシャフトやカムシャフト、エギゾーストマニフォールドも、新設計としている。ターボには新しいベアリングが組まれ、高いブースト圧に対応。インタークーラーも大型化された。圧縮比も見直されている。

メルセデスAMG GTブラックシリーズ(欧州仕様)
メルセデスAMG GTブラックシリーズ(欧州仕様)

これらを合わせ、英国での価格は33万5000ポンド(4489万円)なり。

このフラットプレーン・クランクのエンジンは、フェラーリやマクラーレンなども採用する構造。クロスプレーン・クランクより、高回転型にしやすい。そのかわりV8らしい、ドロドロとしたサウンドは薄れてしまう。

AMG GTブラックシリーズでは、レブリミットは200rpmだけ引き上げられ、7200rpmとなった。最高出力の発生回転数は500rpm上昇し、730psを獲得している。

馬力は、メルセデスAMGの量産モデルとして歴代最強。最大トルクも81.4kg-mという極太だ。

エンジンの仕様や数字を見ると、最高出力や排気量、フラットプレーンというクランク、ターボなど、フェラーリF8トリブートやマクラーレン720Sと重なってくる。だが、決して近似したクルマだとは感じない。

メルセデスAMGは、GTのエンジン搭載位置はフロント・ミドシップだと表現する。でも、つまりフロントエンジン・リアドライブ。ミドシップとは違う。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事