【400万円台で選べる】ボルボXC40 B4モメンタム試乗 48VハイブリッドのコンパクトSUV、評価は?

公開 : 2020.10.21 17:50  更新 : 2021.10.11 09:12

「買い」か?

コーナリングに精神的な負担を感じさせない走りの演出。

これもまたボルボが長年、哲学として継承してきた安全性への追求の表れといえる。

試乗車の内装。「前後左右の視界も、リアクオーター・ウインドウのデザインから想像する以上に開けている」と筆者。
試乗車の内装。「前後左右の視界も、リアクオーター・ウインドウのデザインから想像する以上に開けている」と筆者。    池之平昌信

内燃機関からの脱却を目指すボルボ。

その1つのステップとして48VハイブリットやPHEVを、SUVの全モデルに投入してきた意義は大きい。

実際のエネルギーコストを考えても、その機能性や走りを考えても、このB4モメンタムには大きな死角が見当たらない。

コストパフォーマンスの高さも十分。思い切って購入するに値するニューモデルといえそうだ。

ボルボXC40 B4モメンタム 試乗車スペック

ボルボXC40 B4モメンタム(FF)

価格:479万円
全長:4425mm
全幅:1875mm
全高:1660mm
最低地上高:210mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費(WLTC):12.7km/L
CO2排出量:183g/km
車両重量:1670kg
ドライブトレイン:直列4気筒1968ccターボ+モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力(エンジン):197ps/4800-5400rpm
最大トルク(エンジン):30.6kg-m/1500-4200rpm
最高出力(モーター):14ps/3000rpm
最大トルク(モーター):4.1kg-m/2250rpm
ギアボックス:8速オートマティック
乗車定員:5名

日本で一番売れているボルボがこのXC40。2021年モデルでは、最高速180km/h制限のキーフォブ「ケアキー」を導入し、新たな安全性を提案している。
日本で一番売れているボルボがこのXC40。2021年モデルでは、最高速180km/h制限のキーフォブ「ケアキー」を導入し、新たな安全性を提案している。    池之平昌信

記事に関わった人々

  • 山崎元裕

    Motohiro Yamazaki

    1963年生まれ。青山学院大学卒。自動車雑誌編集部を経て、モータージャーナリストとして独立。「スーパーカー大王」の異名を持つ。フツーのモータージャーナリストとして試乗記事を多く自動車雑誌、自動車ウェブ媒体に寄稿する。特にスーパーカーに関する記事は得意。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事