【英国初EVハイパーカー】ロータス・エヴァイヤ グッドウッドで一般公開 1950psで世界130台

2020.10.20

サマリー

ロータス・エヴァイヤが、英国で開催された自動車イベントに登場しました。グッドウッド・サーキットでの実走行を披露しています。エヴァイヤは英国初の完全電動ハイパーカーであり、世界130台の限定モデルです。

もくじ

エヴァイヤが自動車イベントに登場
130台はすべて手作り
ロータス史上最高の運動性能

エヴァイヤが自動車イベントに登場

text:AUTOCAR UK編集部
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

来年の納車開始に向けて準備を進めている新型ロータス・エヴァイヤが、英国で開催のグッドウッド・スピードウィークに登場した。一般に公開されるのはこれが初となる。

1970年代のF1マシンを彷彿とさせるゴールドとブラックのカラーリングに身を包んだ1950psのEVハイパーカー、エヴァイヤ。イベントではパレード走行を行った後、スタンディングスタートからハイスピードでグッドウッド・サーキットを1周した。

ロータス・エヴァイヤ
ロータス・エヴァイヤ

今回の登場は、エヴァイヤの詳細を明らかにする新しい動画の公開に続いて行われたものだ。この動画では、ロータスのテストコースで高速走行している様子が映し出されており、そのインテリアの特徴も見ることができる。

動画の中では、車両開発部門を率いるギャバン・カーショウがエヴァイヤに用意された5つの走行モード(レンジ、シティ、ツアー、スポーツ、トラック)について説明している。

レンジモードとシティモードでは、最大出力を約1000psと81.5kg-mに制限し、後輪を駆動させる。シティモードでは低速走行をよりスムーズにするために回生ブレーキのレベルを自動的に調整する。

ツアーモードでは、パワーが1420psに引き上げられ、全輪駆動システムが必要に応じてトルクベクタリングを行う。最高48km/hまでノーズリフトを作動させた状態で走行可能だ。

スポーツモードでは、トラクションを高めるためにスタビリティコントロールシステムが作動し、1723ps、173kg-mまでパワーの限界が引き上げられる。

トラックモードのみ、最高出力1950psまでパワーアップし、最高レベルのトルクベクタリングとドラッグ・リダクション・システム(DRS)を利用できる。

車内カメラでは、コックピットと助手席の真後ろにあるバッテリーの様子を見ることができる。デジタルメーターにはダウンフォース、タイヤ空気圧、エネルギー消費量、ラップタイムなどが詳細に表示される。

このクルマのインテリアはほぼ市販モデルに近いもので、まだ完成していない部分もあるが、従来のミラーの代わりに使用されているリアビュー・モニターや、モータースポーツにインスパイアされた長方形のステアリングホイール、ドライブモードを調整するダイヤルなどが確認できる。

 

人気記事