【2021年、日本導入へ】キャデラック 新型エスカレード 新世代マグネティック・ライドコントロール搭載

2020.10.20

サマリー

キャデラックの「新型エスカレード」が、来年に日本導入される予定です。さらには、CT5スポーツも。GMジャパンが日本市場へ送り込む、これらの新モデルを支えるサスペンション技術に注目してみましょう。

もくじ

CT5スポーツも、来年日本に
最新マグネティック・ライド・コントロールとは

CT5スポーツも、来年日本に

GM日本法人は、人気フルサイズSUVの新型エスカレードを、2021年に導入する予定であることを認めた。

セダン・モデルの「CT5スポーツ」も、同年中に日本市場へやってくる見込みだ。

新型キャデラック・エスカレード
新型キャデラック・エスカレード

2モデルに共通する新技術として注目されるのが、先週に米GMが発表した第4世代のマグネティック・ライド・コントロール。

「世界最速の反応速度を誇るサスペンション技術であり、高い応答性を発揮する」と説明されている。

具体的には、ダンパーの応答性が最大45%向上されたことで、荒れた路面からの振動を素早く抑え、「エスカレード」「CT5スポーツ」、さらに「CT4-V」「CT5-V」の走行性能を高めることになる。

マグネティック・ライド・コントロールは、電磁石とショックアブソーバー内の磁性流体を組み合わせたアクティブダンピング・システムで、サスペンション自体が路面変化を読み取り、減衰力の強さ(減衰率)を絶えず変化させていく。

最新マグネティック・ライド・コントロールとは

各ホイールに装着された新開発のホイールハブ加速度センサーは、1/1000秒単位の反応速度で路面状況を把握。

車両の動きに対する感度を向上させたIMU(慣性計測ユニット)とともに、従来システムの4倍の速さで路面状況の変化を伝達・処理する。

新型キャデラック・エスカレード
新型キャデラック・エスカレード

流体内の磁力を変化させることで、ダンパーの減衰力を瞬間的に、そして滑らかに自然に変えるのだ。

これによって、路面変化や急カーブに対するレスポンスを向上。タイヤと路面の接触を最大化することによって、正確なドライビングが可能になる。

また、新しい磁束制御は、ダンパーのリバウンド/コンプレッションが切り替わる際に、一貫性のある正確な遷移を可能に。車両の動きを感知してコントロールするシステムの能力が向上している。

2002年の登場以来、本システムは今回最も大きなアップデートを迎えることになった。

新型エスカレード、2021年モデルのCT5スポーツへの搭載に向けて、センサー、制御用ハードウェア、ダンパー、車両のチューニングなどを含む従来のシステムのほぼすべてが、新世代マグネティック・ライド・コントロールの開発のために再検討されたという。

 

人気記事