【2020年のベストSUVは、やはり】ランドローバー・ディフェンダー 多様な能力 受け継いだ特徴

公開 : 2020.12.27 21:45

まったく新しく生まれ変わった、英国伝統のオフローダー、ランドローバー・ディフェンダー。幅広い価格帯のグレードが用意され、優れたオフロード性能とオンロード性能を兼ね備えている点を、高く評価しています。

優れた走破性を、上質なインテリアに融合

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
モデル・ライフが長くなる中で、ランドローバーディフェンダーのモデルチェンジは難しい仕事になっていた。70年近い生産期間を迎えた初代では、数多くのバリエーションを展開。オフロード・モデルとして、英国のアイコン的存在になっていた。

2020年に発表された2代目ディフェンダーでは、道を選ばない走破性に、近年のランドローバーへ期待する上質なインテリアを融合。ジープラングラーメルセデス・ベンツGクラスなどの、正当なライバルとなった。

ランドローバー・ディフェンダー110 D240 S(英国仕様)
ランドローバー・ディフェンダー110 D240 S(英国仕様)

それでいて、オンロードマナーや技術水準は、アウディBMW、メルセデス・ベンツなどのプレミアムSUVとも戦えるまでに、高められている。

ランドローバーは、伝統のセパレートシャシー構造を改め、モノコック構造を選んだ。サスペンションは、独立懸架式になった。しかし、ディフェンダーの悪路性能に良くない影響は一切なかった。

シンプルで機能的な電子制御システムによって、オフロード初心者でも、エキスパートのように複雑な地形を克服できる。外部カメラとセンサーは、腕利きのドライバーにとっても有用なはず。

オンロードでは、ほかのSUVと比べてリラックスした乗り心地を味わえる。エアサスペンションの優しいクッションの上で、長距離の高速道路も疲れ知らずだ。

実用的でありながらデザイン性も高いインテリアは、心地よく家族を包んでくれる。インフォテインメント・システムの完成度や使いやすさも、クラスベストに並ぶほど良い。

活躍の場を選ばない多様な能力

クルマとしての利便性も高い。全長の異なる、3ドアの90と5ドアの110が選べる。110では、3列目をオプションで指定でき、5名から7名の定員に対応する。

エンジンの選択肢は2.0Lのディーゼルから、直列6気筒のプラグイン・ハイブリッドまで幅広い。商用目的のハードトップ仕様もあり、オプションやトリムグレードもふんだんに用意されている。家族旅行や週末のレジャーだけでなく、多様な需要に適合できる。

ランドローバー・ディフェンダー110 D240 S(英国仕様)
ランドローバー・ディフェンダー110 D240 S(英国仕様)

スタイリングは、初代からの流れを感じさせる。しかも、上品にモダナイズされている。

ランドローバーは、ディフェンダーを見事に進化させた。農場だけでなく、ロンドンの都市部でも学校への送迎でも、活躍の場は選ばない。世界有数のオフロード性能を備えていながら、扱いやすく日常にも溶け込める。

ディフェンダーをSUVのベストとする理由。それは、多様な能力にある。

審査員コメント

Steve Cropley(スティーブ・クロップリー)

ランドローバーが、新しいディフェンダーを生み出す際に下した判断。初代モデルをコピーするのではなく、特徴を活かしながら見事に現代化させたスタイリングに、すべてが現れているように思う。

独立懸架式のサスペンションへ改め、洗練された四輪駆動システムと最新の電子技術を備えることで、動的性能は飛躍的に向上。しかし、ドライバーとディフェンダーとの濃い関係性は、しっかり残されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像