BMW 5シリーズにドライビング・アシスト・プラスを全車標準装備

2013.11.29

ビー・エム・ダブリューは、5シリーズに、ドライバー支援システムであるドライビング・アシスト・プラスを新たに全車標準装備した。

これまで535i(xDriveツーリング含む)、550i 、およびActiveHybrid 5に標準装備されていたドライビング・アシスト・プラスを、新たに523i、523d、および528iに装備することで、5シリーズ全車に標準装備することとなる。

ドライビング・アシスト・プラスは、カメラとミリ波レーダー・センサーの併用により、衝突の危険性が高まった際にドライバーに警告を発する「前車接近警告機能」、前車接近警告機能で追突が不可避な場合にブレーキをかけ衝突を回避・被害の軽減を図る「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、カメラとミリ波レーダー・センサーにより、前方の車両との車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行う「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」、カメラにより前方の監視を行い車線の逸脱をドライバーに警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」がセットとなったものだ。

価格は、6,150,000円から11,960,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事