【公開予定日が明らかに】新型ホンダ・シビック 11月17日にプロトタイプ発表へ

公開 : 2020.11.13 17:20

2022年導入予定の新型ホンダ・シビックが、11月17日にプロトタイプを披露することがわかりました。11代目となる次期モデルではスポーティな印象が薄まり、全体的に丸みを帯びたスタイリングになると予想されます。

ハイブリッド採用の可能性も

text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ホンダは新型シビックのプロトタイプを、11月17日(北米時間)に発表することを明らかにした。11代目となる次期モデルは現在、2022年の北米導入に向けて開発が進められている。

公開されるのはセダンタイプだが、ハッチバックとはスタイリングの共通点も多いはずだ。すでにティザー映像が公開されており、フロントとリアのデザインが大幅に変更されていることが分かる。

新型ホンダ・シビック(リーク画像)
新型ホンダ・シビック(リーク画像)    シビックXIフォーラム

本記事の画像は、以前、特許出願で提出されたイメージがリークされ、ハッチバックのスタイリングの一部が明らかになったもの。

最近公開された次世代シビック・タイプRと同様に、軽微だが重要な変更が加えられている。

ヘッドライトは丸みを帯び、グリルは小型化している。ボディは全長・全幅ともに大型化されているように見える。おそらく高級セダンのアコードとデザインを合わせているのだろう。

新型シビック・ハッチバックの外観は現行モデルよりもマイルドになり、スポイラーも見受けられない。スポーティな印象は薄まった。

ホンダは2022年までに欧州でのラインナップをすべて電動化すると宣言しているため、AUTOCARは次期タイプRはハイブリッド車になると予想している。標準モデルのシビックにもハイブリッドが採用される可能性は高い。

また、新型タイプRはNSXにも似たパワートレインを採用すると言われている。3.5L V6ツインターボガソリンエンジンと3基の電気モーターを組み合わせたものだ。

特許画像からはインテリアについての手がかりはほとんど得られないが、タイプRの写真からは、ステアリングホイールやダッシュボードのデザインが一新され、ダッシュボード上部にタッチスクリーンが搭載されることが期待できる。

なお、ホンダ英国法人の広報担当者は特許画像についてコメントを控えた。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事