【ベストセラーバンのEV版】新型フォードEトランジット 航続距離350km バリエーションは25種類

公開 : 2020.11.16 11:20

フォードの新型電動商用バン、Eトランジットが発表されました。企業の維持費削減と都市部での使用に特化し、航続距離350kmを実現。移動用電源となる機能も備えており、欧州では2022年春に発売予定です。

もくじ

都市部での配達に特化
使い勝手に妥協はなし
標準モデルと同等の信頼性

都市部での配達に特化

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

フォードは、同社初の電動商用バンとなるEトランジットを発表した。欧州には2022年春に導入予定だ。

異なるサイズ、重量、ボディの組み合わせで最大25種類のバリエーションを用意。WLTPサイクルで最大350kmの推定航続距離を実現している。フォードによると、これは「欧州の平均的な商用バンが毎日走行する距離の約3倍」だという。

新型フォードEトランジット
新型フォードEトランジット    フォード

67kWhのバッテリーを床下に搭載。11.3kWの車載充電器では8時間強で充電でき、最大115kWのDC充電器では約34分で15%から80%の充電が可能だ。

また、フォードが展開する充電ネットワークを利用できる。世界中に約16万台の充電器があり、その多くは急速充電機能を備えている。

フォードは、セントリカ、スカイ、ADLオートモーティブなど多くの企業に対してヒアリングを行った。その結果、航続距離の最低条件は240km程度で、急速充電機能は必須であるという意見が得られた。数百万マイルに及ぶテレマティクスのデータも、開発に活かしている。

後輪を駆動する電気モーターの最高出力は269ps、トルクは43.8kg-mで、欧州で最もパワフルな電動商用バンだと謳われている。性能の数値はまだ明らかにされていない。

エコな走りを重視したドライブモードも搭載されており、加速力を調整したり、エアコンを最適化したり、最高速度を下げたりすることで、荷物を積んでいない状態での航続距離を8~10%向上させるという。

さらに、モバイル電源として使用できる「プロ・パワー・オンボード」がオプションで用意されており、様々なツールや機器に最大2.3kWの電力を供給することができる。これは業界でもまだ先例が少ない試みであり、人気の高いオプションになることが期待されている。

使い勝手に妥協はなし

デザイン面では、ブルーのアクセントを配した新しいグリルを除き、標準モデルとほぼ同じスタイリングとなっている。充電ポイントもグリルの中央、エンブレムの下に配置されている。

コネクティング機能を備えており、テレマティクス・サービスによって車両の運用効率を最適化する。

新型フォードEトランジット
新型フォードEトランジット    フォード

インテリアには、フォードの最新ソフトウェア「Sync 4」を搭載した12インチのタッチスクリーンが備わっており、無線アップデート、音声認識、クラウドベースのナビゲーションに対応している。

また、速度標識に応じて速度を調整するスピードリミッターを車両管理者が設定できるシステムなど、最新のアクティブ・セーフティ技術も用意。一般的なEVと同じエアコンなどを備え、快適性を向上させている。

フォードは、テクノロジーを重視しながらも、目的に応じて「妥協のない」荷室容量を確保するように気を配ったとしている。

バッテリーを床下に搭載するために、ドライブトレインとリアサスペンションは新設計された。後者には「ヘビーデューティ」なセミトレーリングアームを採用している。これにより、後輪駆動のディーゼルモデルと同じ15.1立方メートル(1万5100L)の荷室スペースを確保した。

積載重量は、バンモデルでは最大1616kg、シャシーキャブモデルでは最大1967kgとなっている。バリエーションとして、車両総重量4.25トンまでの異なる全長・全高・荷室容量が用意されている。

 

人気記事