【新型スバルBRZ】エンジン排気量、拡大 2.4L自然吸気エンジン搭載 アイサイトはAT車に 北米発表

公開 : 2020.11.18 23:00  更新 : 2020.11.19 00:08

スバルBRZがフルモデルチェンジ。2代目となりました。水平対向エンジンは2.0L→2.4Lに。内外装が変化し、アイサイトがAT車に搭載されます。

もくじ

新型スバルBRZのパワートレイン
ボディ再構築 軽快さ/トラクション向上
新型スバルBRZのエクステリア
新型スバルBRZのインテリア
新型スバルBRZの運転支援システム
新型スバルBRZの開発目標値(北米仕様)

新型スバルBRZのパワートレイン

text:Taro Ueno(上野太朗)

エンジンは排気量アップ

スバルは、新型スバルBRZを北米で発表した。

初代BRZから排気量を拡大した、新型2.4L 4気筒水平対向エンジンを搭載。吸排気性能の強化とフリクション低減によって、トルクを15%向上している。

スバルBRZ(2020年型)
スバルBRZ(2020年型)    スバル

「レスポンスは早く、なめらかに高回転まで吹けあがる、スポーツカーらしいフィーリングと力強い加速」とスバルは表現している。

オートマティックの制御に変化

AT搭載車では、「スポーツ」モードの制御が進化。クルマがスポーツ走行中と判断した際には、最適なシフト操作を自動的におこなうという。

「よりダイレクト感のあるコーナリングを可能にします」とスバルはコメントする。

ボディ再構築 軽快さ/トラクション向上

先代より軽快に、強靭に

スバル・グローバル・プラットフォームの開発から得たノウハウを投入。またインナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用。ボディを再構築することで、初代BRZに対してフロント横曲げ剛性を焼く60%、ねじり剛性を約50%大幅に向上。

ステアリング操作への応答性を高め、より軽快な動きを実現したとスバルは説明する。また旋回時のトラクション性能を向上したという。

軽量アルミニウム採用

スバルBRZ(2020年型)
スバルBRZ(2020年型)    スバル

ルーフ/フード/フロントフェンダーの素材に軽量なアルミを採用。

エンジン出力や安全性の向上に伴う重量増を抑制し、前後左右重量の最適化やさらなる低重心化を実現したという。

タイヤはミシュラン・ハイグリップ

18インチ(215/40 R18)ホイール装着者には、ミシュラン・パイロットスポーツ4を装備。コントロール性能と応答性能を意識している。

新型スバルBRZのエクステリア

ヘキサゴン・グリルは、より低く、よりワイドに設置され低重心を主張する。グリルから始まり、後方へ続く造形では、体感の力強さを表現しているという。

絞り込んだキャビンと、張り出したフェンダーの抑揚についてスバルは「スポーツカーらしい走りへの期待感を高めます」と説明する。

スバルBRZ(2020年型)のサイド。
スバルBRZ(2020年型)のサイド。    スバル

サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方に配したエアアウトレットはアクセントだけでなく、性能を最大限に引き出すという。

新型スバルBRZのインテリア

シンプルな水平基調のインストゥルメントや低く設定したメーターフードは広い視界の確保をねらう。

「集中して運転を楽しむことのできる室内空間を提供します」(スバル)

スバルBRZ(2020年型)のインテリア。
スバルBRZ(2020年型)のインテリア。    スバル

7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用。

必要な情報を表示し、日常の運転からスポーツ走行時まで、あらゆる状況下で直感的に情報を把握することをめざしたという。

スポーツシートについて「高いホールド性とフィット性をもたらす」とスバルは説明する。「疲れにくく運転に集中できる環境を作り出すとともに、クルマの挙動を正確にドライバーに伝えます」(スバル)

アップル・カープレイ、アンドロイド・オートに対応した8インチ「スバル・スターリング」マルチメディア・インフォテインメント・システムを採用。

スマートフォンのような、直感的な使い勝手と操作感を実現しているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事