【歴史的な傑作】トヨタGRヤリス試乗 海外の評価は? 専用3ドアボディに260ps+四輪駆動 後編

公開 : 2020.11.18 16:50  更新 : 2021.03.05 18:45

ラリーシーンから誕生した、GRヤリス。ここ10年で最もエキサイティングなホットハッチなだけでなく、現在のクラス・ベストだと英国編集部は高く評価します。トヨタのイメージを変えるほどの新モデルを、一般道で試乗しました。

もくじ

速く走りたいとドライバーに訴えてくる
コンパクト・ハッチの域を超える動的性能
歴史的な名車と表現することを躊躇しない
クルマ好きの気持ちを強く掴むヤリス
トヨタGRヤリス・サーキットパッケージ(英国仕様)のスペック

速く走りたいとドライバーに訴えてくる

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
トヨタGRヤリスは、信じられないほど速く、路面を問わず落ち着きがある。スタビリティと運転のしやすさが、スピードを扱いやすくしている。運転に惹き込まれるような個性と、機械的なフィーリングもある。シャシーはいつでも、求めれば応えてくれる。

クルマが、もっと速く走りたいとドライバーに訴えてくる。速く運転するほど、GRヤリスの印象は高まる。こんな気持ちにヤリスがさせてくれるなんて、少し信じられない。

トヨタGRヤリス・サーキットパッケージ(英国仕様)
トヨタGRヤリス・サーキットパッケージ(英国仕様)

もっとも、5ドアのトヨタ・ヤリスと共有するボディ周りの部品はほとんどない。ライト類とドアミラー、ルーフアンテナ程度だという。

ルーフラインはGRヤリス独自のカーブで、車高は45mmも低い。乗り降りするときは、少し頭をかがめる必要がある。ドライビングポジションは、近所のお母さんが乗っているヤリスと、大きな違いはないようだ。

着座位置は少し高め。スポーツシートは大きさもちょうど良く、サポート性も高い。身長の高いドライバーにも対応するだけの、調整しろがステアリングホイールに用意されている。メーターパネルのモニターには、専用のモード表示がある。助手席側も広い。

運転席からの眺めで一番の違いは、トランスミッション・トンネル回り。昔ながらのレバー式のハンドブレーキが付いている。走行中にレバーを引き上げると、四輪駆動システムは自動的にリア側への駆動力をカットしてくれる。筆者一番のお気に入り機能だ。

シフトノブの位置は、前方へ移動。高さも持ち上げてある。その隣には、ドライブモードを選択するロータリースイッチがある。

コンパクト・ハッチの域を超える動的性能

デフォルトのノーマル・モードでは、前後の駆動力配分は最大で60:40。右に回すとトラック・モードになり、50:50へ変化する。左に回せばスポーツ・モードで、最大30:70の割合になる。

このトルク分配割合は、可変式。この特性が、GRヤリスのハンドリングに大きな影響を与えている。

トヨタGRヤリス・サーキットパッケージ(英国仕様)
トヨタGRヤリス・サーキットパッケージ(英国仕様)

動的性能の水準は、コンパクト・ハッチバックの域を超えている。1980年代の、グループB時代を彷彿とさせるほど。

3気筒エンジンは、マイルドなサウンドで目を覚ます。回転数を上げていくと、その魅力に引き込まれていく。アクセル操作に対する反応は非常に鋭く、ブーストの乗る中回転域では非常にたくましい。そこから5000rpmを超えて、気持ちよく吹け上がる。

中間加速は、かつてのスバル・インプレッサWRX並みに力強い。しかも、ターボラグの一呼吸はほとんどない。抑えていても、思わず笑みがこぼれてしまう。

適度に重く、正確に決まるシフトレバーの操作感も気持ちを鼓舞する。乗り心地はまとまりがあり、しなやか。高い速度域でも乱れることはない。

今回の試乗車には、トヨタ製オプションのサーキット・パッケージが付いていた。そのおかげか、低速域で少し突っ張るような雰囲気があったが、英国郊外の開けた道に出れば滑らかに路面をいなす。

ちなみにこのパッケージには、レートの高いスプリングにダンパー、アンチロールバーが組み合わされる。ホイールは鍛造の18インチで、ミシュラン・パイロットスーツ4Sタイヤが巻かれる。前後には、トルセン式のリミテッドスリップデフも追加される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事