【F1チャンプが駆ったGTA】アルファ・ロメオ・ジュリア・スプリントGTA 1966年の姿を復元 前編

公開 : 2020.11.29 07:25  更新 : 2020.12.08 08:18

インリフトの派手なコーナリング

「GTAの運転は、予想しやすいものでした。サイレンサーのないマフラーで、ドライバー側のドア下は騒がしく、クルマはピーキー。変速ミスやドリフトしたり、エンジンの回転数が落ちると、うまく走れません」

ベイリーによれば、アウトデルタの1600GTAはすべて左ハンドルだったらしい。イタリア人ドライバーに合わせるために。だが、バランス的には良くなかったという。

アルファ・ロメオ・ジュリア・スプリントGTA(1966年)
アルファ・ロメオ・ジュリア・スプリントGTA(1966年)

「燃料タンクやマフラー、バッテリーなど、重さのあるものは左側に寄っていました。サーキットは時計回りが多く、コーナーでは不利になりやすい。当時の写真を見てもそうです」

初期のGTAは、それを克服するため特別なドライビングスキルが求められた。才能あふれるドライバーのアンドレア・デ・アダミッチたちには、問題ではなかったのだろう。

ベイリーが振り返る。「右コーナーでの作法は、いつも同じ。コーナーで向きを変え、内側のタイヤ1本を宙に浮かせる。そしてカウンターステアを当てて、イン側のタイヤ2本とも浮かせるんです」

「常に運転は必死。ターンイン初期にアンダーステアが出て、その後立ち直ると、今度はテールがスライドし始めます」。アルファ・ロメオGTAのドライブは、初期のモデルのアルミニウム製フロアがねじれることで、余計に複雑になった。

この続きは後編にて。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事