【車載テクノロジーの2020ベスト】ホンダe ソフトとハードの見事な融合 英国編集部選出

公開 : 2020.12.31 05:45  更新 : 2021.05.18 16:15

21世紀を本格的に感じさせるインテリアを持つ、ホンダe。近未来的なスタイリングの内側には、テスラも驚くような先進の技術が詰め込まれています。新しいデジタル技術と優れたデザインとの融合を、高く評価しています。

新技術を中心にデザインされたクルマ

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
最近の自動車メーカーは、タッチモニターを用いれば、先進的な技術を搭載したと考えていたのかもしれない。サイズが大きく、つややかな液晶モニターは、アップル製品のようだった。

このタッチモニターは、ドライビング体験を高める技術にもなり得るし、運転の気が散るものにもなり得る。スマートフォンのように、質も内容も様々だ。

ホンダe(英国仕様)
ホンダe(英国仕様)

適切にレイアウトされた実際のコントローラーやボタンより、タッチモニターへ集約した方が優れていると確信できたシステムには、まだ出会えていない。しかしホンダeは、その考えを覆す。

ホンダeのインテリアは、新しい技術を中心にデザインされている。それが、ボディのデザインへと展開している。

まず触れるべきは、ミラーの役割を担うカメラとモニター。世界初ではないが、手の届きやすいコンパクトモデルとしては初めてだ。

光学的な鏡に慣れたわれわれは、しばらく違和感がある。しかしすぐに、広い視界をありがたく感じるだろう。

車線変更時、斜め後方の車両までの距離を示す表示も有用だし、暗い場所でも明るく見やすい。直射日光がカメラに当たっても、視界が悪くなることもない。ミラーより小型なカメラは、空力性能でも有利だ。

デジタルの鏡となるモニターは、Aピラーの付け根に配置。ダッシュボードいっぱいに広がるモニターの、両サイドを埋めている。ソフトウェアだけでなく、実際の運転を理解している人によって開発されている。

クルマの新しいブレークスルー

インフォテインメント・システムを受け持つのは、2面の12.3インチ・タッチモニター。運転席側と助手席側で、表示を入れ替えることができる。助手席側の人は、不要に手を伸ばすことなく、ナビやラジオの設定を変えられる。

地図を見たくなければ、美しい日本庭園の映像を鑑賞することもできる。お好みなら。

ホンダe(英国仕様)
ホンダe(英国仕様)

自動車としては珍しいほど、ハードウエアとソフトウェアが見事に融合している。テスラモデルSは新しいクルマのインテリアを示したが、それに次ぐ、クルマ好きも喜べるブレークスルーかもしれない。

シリコンバレー的な革新的デジタル技術は、自動車業界にとっては馴染みの薄いものだった。でも、素晴らしい製品を生み出せる可能性を秘めている。それを、ホンダeは表現している。

クルマの開発当初から、デジタル技術のエンジニアを関わらせ、先進的な技術をもとにクルマをデザインする。流れを変える、ニューモデルだといえるだろう。

審査員コメント

Matt Saunders(マット・ソーンダース)

初めてホンダeを運転したとき、218kmの航続距離や価格、車内の広さに対して、納得できなかったことを覚えている。とても好感が持てるものの、オススメしやすいクルマには感じなかった。

しかし今は違う。同僚は、ホンダeの購入を真剣に考えているという。すぐに注文しては、と筆者は応えた。きっと気にいるでしょう、と。

クルマの評論家に欲しいと思わせるのだ。きっと、新しい正解なのだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像