【その形は安全の証】ランドローバー・ディフェンダー110がユーロNCAP安全性評価で最高の5つ星を獲得

公開 : 2020.12.11 17:05

ランドローバー・ディフェンダー110は、ユーロNCAP安全性評価において、乗員保護性能評価などで高得点を達成し、最高評価の5つ星を獲得しました。

最高評価5つ星を獲得

ランドローバーディフェンダー110(ロングボディ)は、ユーロNCAP(欧州における新車アセスメント・プログラム)において最高評価である5つ星を獲得した。

ディフェンダーは、2019年にフルモデルチェンジを受けたランドローバー伝統のモデル。過酷な環境にも対応できるよう設計された高剛性なアルミニウムボディ構造に、自動エマージェンシーブレーキ、レーンキープアシスト、リア・コリジョンモニターといった先進のドライバー支援システムを搭載する。

ランドローバー・ディフェンダー
ランドローバー・ディフェンダー    ランドローバー

ドライバーと乗員を保護する6つのエアバッグと、最大3つのチャイルドシート用ISOFIXマウントポイントを装備しており、成人、および子ども乗員保護性能評価で85%、安全支援機能評価で79%、脆弱な道路利用者保護機能評価で71%のスコアを達成。総合評価の最高の5つ星の獲得につながった。

ジャガー・ランドローバーのプロダクト・エンジニアリング担当エグゼクティブ・ディレクターである、ニック・ロジャースは「新型ディフェンダーの開発当初から、機能的な安全性と、乗員と道路利用者の両方を守ることにこだわってきた。私たちが目指したのは、安全機能を搭載し、ドライバーのエクスペリエンスをよりよいものにする、ランドローバー史上最も高機能で堅牢なクルマ。このたび、ユーロNCAPから5つ星評価を頂くことができ、とても光栄」と述べた。

ディフェンダーは、今回高評価を受けた110に加え、ショートボディのディフェンダー90も展開。日本における価格は、ディフェンダー90が529万円から、ディフェンダー110は 619万円から。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像