【人気カラーは?】ホンダNワン、発売1か月で8000台超えの受注 計画の4倍に 「RS」の割合は?

公開 : 2020.12.21 17:25  更新 : 2021.03.19 11:34

軽自動車「ホンダNワン」は、新型の発売から1か月を迎えました。受注台数は、販売計画の4倍超えに。人気車種、選ばれたボディカラーの情報が入ってきました。

もくじ

支持を得た、初代のデザイン踏襲
ボディカラー ベスト3は?

支持を得た、初代のデザイン踏襲

スーパーハイトワゴンが好調な軽市場だが、11月には、ホンダからNシリーズのセミトールワゴン「N-ONE(Nワン)」が発売された。

発売日は11月20日だったが、ひと月を経過しての累計受注台数は8000台を超えることが判明。発表時に月販目標は2000台と発表されていた。

従来型を踏襲した2代目Nワンのデザイン。発売1か月で計画の4倍の受注を得る好発進を記録した。
従来型を踏襲した2代目Nワンのデザイン。発売1か月で計画の4倍の受注を得る好発進を記録した。

同社によれば、Nワンの検討者が購入にいたった主なポイントは3つあるという。

「丸・四角・台形」を基本としたNワンのデザイン。安全運転支援システムのホンダセンシング(非装着車はなし)。運転の楽しさ、操る喜びを身近に感じる走行性能というもの。

また、購入者が幅広い層のユーザーに渡ることから、「ライフスタイルやライフステージに合わせたタイプ設定」が支持を得ていることがうかがえる。

受注車種の構成は、「オリジナル」が34%、「プレミアム」が19%、「プレミアムツアラー」が18%、スポーティグレードの「RS」は29%に達している。

ボディカラー ベスト3は?

人気色のトップ3についても情報が入った。

「オリジナル」は、プレミアムアイボリーパールII(16%)、フレームレッド(15%)、サーフブルー(13%)という順位。

RSの人気色1位は、プレミアムイエローパールII&ブラックとなった。
RSの人気色1位は、プレミアムイエローパールII&ブラックとなった。

「プレミアム」系は、ブリティッシュグリーンパール(15%)、ブリティッシュグリーンパール&シルバー(15%)、プレミアムアイボリーパールII&ブラック(13%)という並び。

「RS」は、プレミアムイエローパールII&ブラック(28%)、プラチナホワイトパール&ブラック(27%)、サンセットオレンジII&ブラック(22%)という構成となった。

全軽自協が発表した11月の販売台数ランキングでは、14位につけた新型Nワン。12月24日には、同じNシリーズから王者Nボックスのマイナーチェンジ・モデルが発表されることが明らかになっている。

年末から年明けの軽自動車市場は、Nシリーズの動向が話題を呼びそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事