【最上級SUV「LQ」?】レクサス、ティザー画像公開 その正体を探る

公開 : 2021.02.07 05:45  更新 : 2021.02.07 11:02

レクサスが新型車を想定したディザーを公開し、話題となっています。これが最上級SUV「LQ」なのでしょうか?

もくじ

LQのリアビュー?
最上級SUVというより……
EVはない?
高度なレベル2に?

LQのリアビュー?

text:Kenji Momota(桃田健史)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

これが、レクサス最上級SUVのLQなのか?

2020年にはさまざまなメディアが、新モデル名称が「LQ」になると報じているが、今回世界初公開されたティザーでは、LQという名称は使われていない。
 
レクサス・インターナショナルのプレジデントで、チーフ・ブランド・オフィサーの佐藤恒治氏は2021年2月1日付けのニュースリリースで「2021年、われわれレクサスは、多様化するお客さまのライフスタイルをより豊かにすることを目指し新たな一歩を踏み出す」と、次世代レクサスの到来を宣言した。

公開されたティザー画像
公開されたティザー画像    レクサス

続けて「春ごろに、次世代レクサスの幕開けとして、われわれが目指す将来像を示したブランドビジョンを、コンセプトカーとともに発表する」ともいった。

そのうえで、新ブランド戦略第1弾として、年内(2021年)に新型車を発売することを明らかにした。

こうした文脈を読み解くと、2つの可能性が考えられる。

1つは、コンセプトカー=年内発売新車のコンセプトモデル。

もう1つは、コンセプトカーはあくまでもブランド全体をイメージするもので、年内発売新車は新ブランド戦略を加味するが、コンセプトカーとは別物。

さて、どちらか……?

どちらに転んだとしても、年内発売新車は、2020年に各メディアがこれまでLQと報じてきた、レクサス最上級SUVの可能性が高い。

最上級SUVというより……

各種報道によると、トヨタはアメリカでLQという名称をクルマの分野で商標登録しており、レクサスのモデルラインナップから考えて、LQは最上級SUVになるはずだ、と推測している。

そうしたモデル名称に関わらず、レクサス最上級SUV、いやそう書くとLXとの識別しづらいため、レクサス最上級クロスオーバーと表現するのが妥当だろう。

レクサスLF-1リミットレス
レクサスLF-1リミットレス    レクサス

ちなみに、LXの母体であるランドクルーザー200系は2021年に300系(想定)へのフルモデルチェンジが噂されており、タイミングとしてLXのフルモデルチェンジは、300系ランドクルーザー登場から少し間を置いた、2022年より先になる可能性が考えられる。

話題をLQ(想定)に戻すと、そのコンセプトモデルは2018年1月の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)で世界初公開された「LF-1リミットレス」だ。

筆者はそのお披露目の現場で、登壇した豊田章男トヨタ社長の肉声を聞き、会見の後に実車をじっくりと見た。あらためて当時のニュースリリースを見ると……。
 
「レクサスは、ラグジュアリー・クロスオーバー市場の先駆者として、多様化するお客さまのライフスタイルに対して、新しいラグジュアリーの方向性を提案する」とある。

そう、前述の2021年2月1日リリースによく似ている。

さらには……。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事