【2代目ロードスターを移植】MKインディ RX-5へ試乗 ターボ化で220ps 魅力に溢れる

公開 : 2021.03.02 08:25

軽快なスポーツカーの魅力的なパッケージ

コンパクトなおかげで極めて軽快で、これまで運転したMKのモデルと同様に、まとまりがいい。ステアリングのロックトゥロックは2回転。ダイレクトながら神経質なことはなく、動きは滑らかで手のひらに伝わる感触は豊か。

姿勢制御も乗り心地の落ち着きも素晴らしく、操縦性のバランスも見事。滑りやすいコンディションでも、挙動を判断しやすかった。

MKインディ RX-5(英国仕様)
MKインディ RX-5(英国仕様)

MKモータースポーツ社によれば、欧州では2代目ロードスターの中古車を安価に購入できるため、残った部品を売ればかなりの金額を回収できるという。確かにボディパネルなどは、一式必要ない。

自分で組み立てれば、ターボ付きのインディ RX-5を英国なら1万5000ポンド(216万円)程度で乗り出すことができる。軽快なスポーツカーを自分で組み立てるという、ほかにはない楽しさも付いてくる。

セルフビルド・キットのMKインディ。なんと魅力の詰まったパッケージなのだろうか。

MKインディ RX-5(英国仕様)のスペック

価格:1万5000ポンド前後(216万円/セルフビルドの場合)
全長:−
全幅:−
全高:−
最高速度:201km/h(予想)
0-100km/h加速:4.5秒(予想)
燃費:−
CO2排出量:−
車両重量:600kg
パワートレイン:直列4気筒1840ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:220ps
最大トルク:30.3kg-m
ギアボックス:5速マニュアル

人気テーマ

おすすめ記事

 

試乗記の人気画像