【とことん比較】新型ヴェゼル/ヤリス・クロス/キックス どんなユーザーにピッタリ?

公開 : 2021.04.24 05:45

満を持して登場した新型ホンダ・ヴェゼルをトヨタ/日産のライバルと比較。どんなユーザーに合うのでしょうか。

もくじ

激戦区に足を踏み入れたヴェゼル
ボディサイズやデザインは?
内装/前後席の居住性は?
荷室の大きさ/シートアレンジは?
エンジン/ハイブリッドシステムは?
衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備は?
グレード構成&価格では?
それぞれオススメのユーザーは?

激戦区に足を踏み入れたヴェゼル

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

新型ヴェゼルが属するコンパクトSUVにはライバル車も多い。

そこで新型ヴェゼルの実力をライバル車と比べて判断したい。ライバル車では、トヨタ・ヤリス・クロスと日産キックスが該当する。

ホンダ・ヴェゼル
ホンダ・ヴェゼル    ホンダ

まずヴェセルのエンジンは、直列4気筒1.5Lのノーマルタイプとe:HEV(ハイブリッド)だ。

ヤリス・クロスは直列3気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドになる。

キックスにはノーマルエンジンは用意されず、直列3気筒1.2Lをベースにしたeパワー(ハイブリッド)のみを搭載する。

ボディサイズやデザインは?

ヴェゼルのボディサイズは、全長4330mm、全幅1790mm、全高1590mm(XとGは1580mm)になる。

ヤリス・クロスは少しコンパクトで、4180mm×1765mm×1590mmだ。キックスは4290mm×1760mm×1610mmだから、ヴェゼルとヤリス・クロスの中間的な大きさになる。

ホンダ・ヴェゼル
ホンダ・ヴェゼル

最小回転半径は、ヴェゼルが5.3-5.5m、ヤリス・クロスは5.3m、キックスは5.1m。

小回り性能は、ボディサイズの割にキックスが優れている。

ボディスタイルは、フロントマスクに特徴がある。ヴェゼルはグリルの直立感を際立たせ、オデッセイなど最近のホンダ車との共通性を感じる。

ヤリス・クロスはヘッドランプが鋭角的で、キックスは日産車を表現するV字型グリルが備わる。それでも横方向から見ると、各車ともに似通った形状で個性が乏しい。

リアゲートを少し寝かせた5ドアハッチバックで、パターン化されている。

内装/前後席の居住性は?

インパネなどの内装は、各車ともていねいに仕上げた。

そのうえで比べるとヴェゼルには上質感が伴う。その次がキックス、ヤリス・クロスと続く。

ホンダ・ヴェゼル
ホンダ・ヴェゼル    ホンダ

ヤリス・クロスのインパネは、基本的にコンパクトカーのヤリスと同様の形状だ。

居住空間の広さは、前席は各車とも同程度だ。ヴェゼルとキックスでは、座り心地にボリューム感を持たせた。

ヤリス・クロスにも不満はないが、電動パワーシートの使い勝手に注意したい。1個のモーターにクラッチによる切り替え機能を組みあわせたから、コストが安い半面、反応が鈍く少し使いにくい。

後席はヴェゼルが最も広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシが2つ半収まる。次はキックスで、握りコブシ2つ弱だ。ヤリス・クロスは1つ少々と狭いが、後席に座った乗員の足が前席の下側に収まりやすく、4名乗車の実用性は妨げない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事