【ひと目惚れ】全長4mのキャンピングトレーラー レトロで可愛い「ロデオ・ミニ」

公開 : 2021.05.31 11:25  更新 : 2021.10.11 11:31

はじめてのトレーラーにも

グレードは、両モデルにおいて、スタンダードとラグジュアリーという2種類からチョイスすることができる。

豪華版の「ラグジュアリー」には、ルーフエアコン、ルーフファン、オートウォーターヒーター、左右キャビネット、左右インテリアライト、電磁ブレーキ、フロント滑車、12Vソケット、100Vコンセント、サブバッテリーカバーという装備がプラスとなる。

ロデオ・ミニ13ftタイプIは、全長4040×全幅2060×全高2500mmというサイズと軽量構造がその魅力。
ロデオ・ミニ13ftタイプIは、全長4040×全幅2060×全高2500mmというサイズと軽量構造がその魅力。    AUTOCAR JAPAN編集部

サブバッテリー105Ah、家庭用100Vインバーター1500W正弦波、LPガスボンベ5kg、ドーリーは、タイプI、タイプIIともにオプションだ。

コンパクトサイズながらも装備は充実しているので、初めてのトラベルトレーラーにも最適だし、シンプルな構造と丈夫な鉄骨フレームでできたロングライフの車両だから、キャンピングカーを乗り継いできたベテランがアガリの1台としてチョイスしてもいいだろう。

エントリーモデルにも、終の棲家ならぬ“終のキャンピングトレーラー”にもなるロデオ・ミニ13ftは、長く付き合えるよき相棒となるはずだ。

展示車両のロデオ・ミニ13ftタイプI(ラグジュアリー)の税抜き価格は、337万円となっている。

この記事に関わった人々

  • 高桑秀典

    Hidenori Takakuwa

    1971年生まれ。デジタルカメラの性能が著しく向上したことにより、自ら写真まで撮影するようになったが、本業はフリーランスのライター兼エディター。ミニチュアカーと旧車に深い愛情を注いでおり、1974年式アルファ・ロメオGT1600ジュニアを1998年から愛用中(ボディカラーは水色)。2児の父。往年の日産車も大好きなので、長男の名は「国光」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

キャンピングカーの人気画像

×