【ディーゼルの生む恩恵】ランドローバー・ディフェンダー110 D300へ試乗 清々しい速さ

公開 : 2021.06.12 08:25

英国編集部がディフェンダーで最高の能力を発揮すると評価するのが、ディーゼルのD300。唯一、高めの価格がネックといえそうです。

もくじ

たくましいものの安くはないD300
清々しいほどの速さと溢れるトルク
感心させられるほどの洗練度
日常にも馴染みやすいパワフルな選択肢
ランドローバー・ディスカバリーD300 SE(欧州仕様)のスペック

たくましいものの安くはないD300

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ディーゼルターボなら、太いトルクが安く手に入る。一般的にはそう考えられるだろう。でも生まれ変わったランドローバー・ディフェンダーのD300に搭載される、新しいインジニウム・ディーゼルユニットには当てはまらなそうだ。

直列6気筒ターボで、66.1kg-mという豊満な最大トルクを発生する。そのかわり、英国での価格は6万1955ポンド(929万円)からと、少し手の届きにくいところにある。

ランドローバー・ディスカバリー110 D300 SE(英国仕様)
ランドローバー・ディスカバリー110 D300 SE(英国仕様)

3.0Lの排気量から300psを発揮し、ディフェンダーの中では最も強力。十二分といえる能力を備えている。パワフルなV8ガソリン版のP525も登場したが、価格はさらに40%ほど高い。

短命に終わった4気筒ディーゼルとの交代で登場となった、インジニウムの6気筒ディーゼルには既に一度試乗済み。前回は全長の短い90のD250だったが、扱いやすいパワーデリバリーとたくましさに強い感銘を受けている。

今回はロングホイールベースの110に、D300という組み合わせで確かめてみたい。トリムグレードはSEで、LEDヘッドライトやグレインレザーで仕立てられる12ウェイのパワーシート、メリディアン社製のサウンドシステムなど豪華な装備が与えられる。

ほかにカメラ映像を用いたデジタル・バックミラーや、ボンネット直下の映像を確認できるグラウンドビュー機能も付く。ドライバーだけでなく、同乗者にもうれしい車内だ。

清々しいほどの速さと溢れるトルク

豪奢でファッショナブルな仕立てのディフェンダーに、無骨なディーゼルエンジンという組み合わせにも思えなくはない。しかし、D300にはマイルドハイブリッドが組み合わされ、燃費とCO2の排出量にも配慮されてはいる。

とはいえ、高速でのクルージング時の燃費は、約80kmを走行して12.7km/Lを超える程度。市街地では悪化してしまう。CO2の排出量もカタログ値で230-249g/km。税制的に有利になることはない数字だ。

ランドローバー・ディスカバリー110 D300 SE(英国仕様)
ランドローバー・ディスカバリー110 D300 SE(英国仕様)

英国の場合、ディスカバリー3や4の後継モデルとしてディフェンダーを捉えている傾向も高い様子。ランドローバーが展開するマーケティングとは裏腹に。実際、パワフルなディーゼルエンジンを載せていると、そう感じる場面は確かにある。

特に、古いランドロバーが積んでいた2.7Lや3.0LのV6ターボを経験したことがあれば、D300のアイドリング時のハミングは聞き慣れたものに感じられるかもしれない。その頃は、頼もしいトルクと同時に力強いノイズも響いてきたものだ。

もちろんインジニウム・ユニットの能力を、フォード由来のV6と比較するのは適切ではない。大きなボディでありながら、0-100km/h加速は7.0秒と清々しいほどに速い。同じ6気筒でガソリンターボのP300より速いほど。

走行している速度に関係なく、トルクは全回転域で溢れ出てくる。運転状況を問わず、その恩恵に預かれる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事