【過酷】飛ぶ、耐える、走る! 本格オフロードレース マシンを支えるオープンカントリー

公開 : 2021.06.11 11:25

世界でも指折りの過酷なレース、バハ500が始まりました。優勝を争うマシンの足もとを支えるのは、トーヨータイヤです。

トーヨーのピックアップトラック/SUV用銘柄

6月9日からメキシコで開催中のオフロードレース「バハ500(SCORE BAJA 500)」。

世界有数の過酷なレースとして知られ、参加車両はメキシコのバハ・カリフォルニア半島の都市エンセナーダを出発し、約800kmもの起伏に富んだ砂漠、岩場の多い山岳地帯を高速で駆け抜ける。

悪路を突き進むアンディ・マクミラン選手のマシンも、OPEN COUNTRYシリーズを履く。サイドウォールに白文字で、商品名・ブランドロゴを立体的に記したホワイトレター銘柄は日本でも人気が高い。
悪路を突き進むアンディ・マクミラン選手のマシンも、OPEN COUNTRYシリーズを履く。サイドウォールに白文字で、商品名・ブランドロゴを立体的に記したホワイトレター銘柄は日本でも人気が高い。    トーヨータイヤ

砂・岩で構成されるハードな路面を制限時間内に走破するためには、ドライバーのテクニックに加え、装着タイヤの悪路走破性/耐久性が高いレベルで要求される難コースだ。

じつは、今年のバハ500に参戦する6チーム計7台のマシンが履いているのは、トーヨータイヤが送り出すピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリーズ。

なかでも、北米市場で高く評価されている本格的オフロード向け銘柄「OPEN COUNTRY M/T」をレース用にチューンアップした「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給している。

世界各地のオフロードレースで蓄積した技術的経験をフィードバックし、開発を重ねた同シリーズは、トラクション/ブレーキ性能、悪路走破性を向上したトレッドと、耐外傷性の高いタフネス構造で、本チャンピオンシップでも数々の総合優勝をサポートしてきた。

今春に開催されたシリーズ第1戦「サン・フェリペ250」で総合優勝したブライス・メンジス選手、2019年のバハ500優勝とシリーズ総合優勝を成し遂げたアンディ・マクミラン選手、2019年のバハ1000で地元優勝を飾ったアラン・アンプディア選手をはじめ、同社およびその米国/メキシコ販売子会社とサポート契約を結んでいる選手チームの参戦車両が「OPEN COUNTRY M/T-R」などを装着し、今大会でも総合優勝をめざす。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事