【絶好の選択肢】BMW 4シリーズ M440i xドライブ・カブリオレへ試乗 ソフトトップに直6

公開 : 2021.07.03 08:25

ソフトトップへ回帰したBMW 4シリーズ・カブリオレ。Mの頭文字が付いたハイエンドのM440iを、英国編集部が評価しました。

大きなグリルにファブリックルーフ

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
初代4シリーズ・カブリオレは、フォールディング・ハードトップを採用していた。4シリーズ・クーペや3シリーズと近い雰囲気に、共感出来なかった読者もいるだろう。

しかし2代目ではファブリックルーフに回帰。話題を集めた大胆なフロントグリルと相まって、新しい4シリーズ・カブリオレは路上での存在感が大きく増している。今回はトップグレードのM440iへの試乗だ。

BMW 4シリーズ M440i xドライブ・カブリオレ(英国仕様)
BMW 4シリーズ M440i xドライブ・カブリオレ(英国仕様)

G20型3シリーズより、ボディはワイドでロング。車高もわずかに低い。3シリーズと見間違えるドライバーは、ほとんどいないはず。ドイツで一度ステアリングホイールは握っているが、今回は英国の一般道で仕上がりを確かめてみたい。

現在の英国で、4シリーズ・カブリオレに選択できるエンジンは、エントリーグレードの2.0L 4気筒ターボか、M440iに積まれる3.0L 6気筒ターボ。M440iでは最高出力374psと最大トルク50.9kg-mを獲得し、四輪駆動のxドライブ・システムが組み合わされる。

日本と同様に英国へも、後輪駆動の430iは入ってこない。また、大幅に増強されるM4コンバーチブルは、2021年後半には姿を表す予定だ。

ソフトトップ化に伴い、ルーフ側の支えがなくなるボディには構造強化が施されている。クーペに比べて、車重は150kgほど重くなった。0-100km/h加速時間で見ると、クーペより0.5秒遅れをとることになる。

とはいえ、エンジンは積極的に吹け上がり、サウンドもレッドライン目掛けて不協和音を高めていく。英国郊外で許される97km/hまでは、あっという間に到達する。

積極的に運転すれば爽快さを味わえる

スピーカーから合成サウンドも奏でられるが、ソフトトップを開けば耳へは届きにくい。6000rpmを超えると、アクティブ・エグゾーストが爽快な音響を楽しませてくれる。

現代の多くのBMW同様、B58型エンジンはターボのブースト圧による変化が控えめ。アクセル操作に対してリニアな反応も味わえる。

BMW 4シリーズ M440i xドライブ・カブリオレ(英国仕様)
BMW 4シリーズ M440i xドライブ・カブリオレ(英国仕様)

8速ATは、ギアボックス任せでも不満なく変速をこなす。ステアリングホイールに取り付けられたシフトパドルを弾きたいと感じる場面は、アウディなどと比べると遥かに少ない。どのギアを選ぼうか悩むことなく、テキパキと必要なギアにつないでくれる。

直列6気筒エンジンには電圧48Vのマイルド・ハイブリッドが組み合わされ、低回転域ではエンジンをアシスト。発進時のスムーズな加速を生み出し、渋滞に巻き込まれても扱いやすい。

高速道路でのマナーも印象的。車内では普段どおり会話を楽しめる。静寂性はクラストップとはいえないにしろ、遮音性は非常に優秀。ソフトトップを開いても、ウインド・ディフレクターが付いていれば、乱気流に悩まされることなく長距離ドライブもこなせる。

xドライブを採用し、終始グリップとトラクションを提供する能力にも感心する。3シリーズと同様に、カーブの続く道の運転に興じることができる。

より軽量で強固なクーペと比較すると、わずかにステアリングフィールが鈍くなり、姿勢制御も緩くはなっている。それでも、積極的に運転すれば爽快さを味わえるはず。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事