【GTS追加】ポルシェ911 GTS(992型) カレラに7速MTも 内外装の違いまとめ

公開 : 2021.06.23 15:05

992型ポルシェ911にもGTSが追加されました。エクステリアとインテリアの違いをおさらいします。

992型911にも「GTS」シリーズ

text:Taro Ueno(上野太朗)

ポルシェジャパンは、
・911カレラGTS
・911カレラGTSカブリオレ
・911カレラ4 GTS
・911カレラ4 GTSカブリオレ
・911タルガ4 GTS
の予約受注を本日6月23日(水)より開始する。

いずれのモデルも左右ハンドルが設定される。911カレラGTSのみ7速マニュアルと8速デュアルクラッチAT(PDK)の両方が設定されるが、その他は8速デュアルクラッチAT(PDK)のみとなる。

ポルシェ911カレラGTS
ポルシェ911カレラGTS    ポルシェ

911カレラGTSのみ7速マニュアルを設定する理由として、ポルシェは「日本国内では特に純粋なドライビングプレジャーを追求するドライバーのために設定した」という。

ポルシェは911における最初のGTSシリーズを12年前、タイプ997の時代に導入。標準モデルとの内外装における差別化のほか、GT3ほどハードコアではない日常の乗りやすさがカスタマーの評価を得ている。

次項で内外装やテクニカル面の識別点を見ていく。

911 GTSのパワートレイン

新型911カレラGTSの3L水平対向6気筒ツインターボエンジンは、最高出力480psと、最大トルク58.1kg-m(先代+2.0kg-m)を発生する。

8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)を装備した911カレラ4 GTSクーペの0-100km/h加速タイムは3.3秒(先代-0.3秒)となる。

ポルシェ911カレラGTSのリアビュー。クーペとカブリオレにはPASMが標準装備されており、車高は10mm低くなる。
ポルシェ911カレラGTSのリアビュー。クーペとカブリオレにはPASMが標準装備されており、車高は10mm低くなる。    ポルシェ

GTS専用にチューニングされたサスペンションは911ターボ由来。クーペとカブリオレにはPASMが標準装備されており、車高は10mm低くなる。

ターボモデルに由来するリアステムのヘルパー・スプリング・コンセプトによって、リバウンドに変更はなくメインスプリングに張力がかけられる。

911タルガ4 GTSには、PASMを装備した911タルガ4Sのシャシーが採用される。

ブラックの20インチ(前)と21インチ(後ろ)のセンターロック式軽合金製ホイールは、911ターボから採用される。

標準装備のスポーツエグゾーストシステムは、GTS専用のセットアップで、一部の車内断熱材が削減されている。

911 GTS エクステリアの違い

エクステリアは、多数のブラックまたはダークカラーのディテールが、911 GTSの特徴となる。

スポイラーリップ、センターロック式軽合金製ホイール、エンジンフード・ルーバー、ドアと車両リアの「GTS」ロゴはサテンブラックで塗装される。

サテンブラックで塗装される「911 Carrera GTS」のエンブレム。
サテンブラックで塗装される「911 Carrera GTS」のエンブレム。    ポルシェ

オプションで、上記とその他のディテールをハイグロスブラックで仕上げた「エクステリアパッケージ」を選択できる。

911 GTS全モデルは、フロント/リア/サイドシルに特徴的なトリムを備えたスポーツデザインパッケージを備える。

ヘッドライトのリムとデイタイムランニングライトの周囲はダークカラーで、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLSプラス)を組み込んだLEDヘッドライトが標準装備される。

テールライトはGTSモデル独自のものだという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事