【優れたシティカーだけど】ホンダe アドバンス(最終回) 長期テスト 航続距離が左右する

公開 : 2021.07.31 09:45

見た目や走りなど、魅力たっぷりの小さな電気自動車、ホンダe。航続距離の短い純EVと一緒の暮らしはどんなものなのか、長期テストで英国編集部が確かめます。

積算5542km 車内を転がっていたナット

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
クルマの後方から、カラカラと音が聞こえることがあった。気まぐれに音が出るから、原因がわからなかった。

しばらくして、車載工具と一緒に荷室下に積まれていたホイールナットが自由になり、後部座席の床下で転がっていることがわかった。耳の良い、賢いスタッフの発見だった。それ以降、音は聞こえない。ありがとう。

ホンダe アドバンス(英国仕様)
ホンダe アドバンス(英国仕様)

積算5668km ホンダeに対する賛否両論

世界の意識は二極化している。賛否両論ある中で、中間的な人を賛成か反対か、どちらかに転じさせようという意志も強いようだ。これはクルマにも当てはまると思う。

英国の読者からホンダeへ寄せられた、反対意見の1つをご紹介しよう。「わたしはクルマの見た目も、車内の雰囲気も、運転した印象も好きです。でも航続距離が短すぎ、基本的には役に立ちません」

ホンダe アドバンス(英国仕様)
ホンダe アドバンス(英国仕様)

確かに公式の航続距離は、プジョーe-208など同価格帯のコンパクト純EVより短い。それでも、ホンダeの価格を高すぎると感じさせる程ではない。ホンダeは、航続距離だけで判断するべきクルマではない。

長期テストにやって来たクリスタルブルー・メタリックのホンダeは、英国では上級グレードのアドバンス仕様。リアに搭載される駆動用モーターの出力が17ps上乗せになり、快適性や安全機能も充実する。価格は2500ポンド(38万円)高くなる。

プレミアムな品質のクルマとして、ホンダeを最高の状態で体験できる。追加料金を支払う価値はあるだろう。

魅了するデザインとサイドカメラ

第一印象から数カ月後の今でも、ホンダeはデザインで筆者を魅了してくれる。ここ10年ほどのホンダ車は、あまりデザインの評価が振るわなかったと思うが、ホンダeの容姿は素晴らしい。拍手で称えたくなる。

他のホンダ製モデルと並べてみると、別のブランドのクルマにすら見える。日本の自動車メーカーが、タイムレスなデザインを生み出せることを再び気付かせてくれた。街なかを走れば、振り返って眺めていく人が当たり前のようにいた。

ホンダe アドバンス(英国仕様)
ホンダe アドバンス(英国仕様)

ホンダeのような見た目のモデルなら、純EVに対する意識を高め、メインストリームにしていける力がある。クルマに詳しくない人でさえ、スタイリングだけでなく、ドアミラー代わりのサイドカメラなども話題にできる。

電気自動車のオーナー体験に興味を抱く人も多い。好奇心旺盛な人に対し、純EVのオーナーはリアルな暮らしを伝えることができるだろう。インターネットで検索する以上に、優れた実際的な印象として。

サイドカメラは、長く乗るほどに信じられないほど便利だと理解できた。カメラの映像は、Aピラーの根本にあるモニターへ表示される。

画面はクリアで、ダッシュボード全面に伸びるモニターの両端という場所も完璧。鏡より画角が広いだけでなく、暗い場所でも鮮明な図像を映し出してくれる。

ミラーより小さく、空気抵抗でのメリットもあるというが、航続距離から効果を測ることは難しい。しかし、かなり役に立つ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×