【ヴェゼルの欧州版】新型ホンダHR-V 欧州仕様車の詳細発表 3代目となるコンパクトクロスオーバー

公開 : 2021.07.30 06:05

ホンダは、3代目となる新型HR-V(日本名:ヴェゼル)を公開しました。激戦区の欧州市場に乗り込みます。

新デザイン、新エンジン

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ホンダは、新型ヴェゼルの欧州仕様「HR-V」の詳細を発表した。

日産ジュークのライバルとなるこのモデルは、「グローバル・スモールカー」プラットフォームやパワートレインをフィット(欧州名:ジャズ)と共有している。1.5Lのアトキンソンサイクル4気筒ガソリンエンジンに2基の電気モーターが組み合わされ、最高出力130ps、最大トルク26kg-mを発揮する。

ホンダHR-V
ホンダHR-V

電気モーターは、ボンネット内にガソリンエンジンと並んで設置されており、車内スペースを最大限に確保している。速度を上げるとガソリンエンジンが自動的に作動するが、3種類のドライブモード(エコ、ノーマル、スポーツ)でエンジン作動の積極性を調整できる。

ホンダは、WLTP複合サイクルで燃費22.2km/l、CO2排出量122g/kmを達成したとしている。0-100km/h加速は、10.6秒。

第3世代となるHR-Vのデザインは、先代モデルとは大きく異なる。基本的なサイズは踏襲しながらも、プロポーションの見直しやスペース効率の追求(空調システムの小型化、バッテリーのトランク床下への搭載など)により、リアのレッグルームを35mm拡大し、トランクルームも拡大した。

ホンダによると、大人4人が「最高の快適さ」で乗れるという。

快適性を追求したインテリア

スタイリングについては、「最近の新モデルに見られる、シームレスでクリーン、モダンなデザイン哲学を体現している」とのことだ。

スリムで特徴的なデザインのLEDヘッドライトやフロントグリル、ロングボンネット、クーペスタイルのルーフライン、エッジの効いたショルダーラインが先代モデルとの大きな違いだ。

ホンダHR-V
ホンダHR-V

インテリアは、広々とした感覚を最大限に引き出すために設計されており、ミニマルなダッシュボード・レイアウト、水平基調のシンプルなインストゥルメント・パネル、「マジック」と呼ばれる折りたたみ式のリアシートを採用している。

9.0インチのインフォテインメント・タッチスクリーンと7.0インチのTFTディスプレイを搭載し、ダッシュボード上部の角にはL字型の通気口を設けるなど、デザインを一新している。

ホンダによると、このL字型の通気口から乗員に直接風を当てるのではなく、サイドウインドウに沿って風を送ることで、快適性を向上させるという。また、新鮮な空気を「カーテン」のように送る空気拡散システムを新たに採用している。

欧州仕様の新型HR-Vの価格など、さらなる詳細については今後数か月以内に発表される見込みだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×