【詳細/価格は?】メルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」一部改良

公開 : 2021.07.30 06:45

メルセデス・ベンツ日本は、 「V クラス」の装備を一部改良し、2021年7月29日より予約注文の受付を開始しました。

メルセデスのミニバンに相応しい進化

text:AUTOCAR JAPAN編集部

メルセデス・ベンツ日本は、 メルセデス・ベンツ「V クラス」の装備を一部改良し、2021年7月29日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始した。

なお、納車は「V 220dマルコポーロ・ホライゾン」は2022年第1四半期、それ以外のモデルは、2021年8月を予定しているという。

メルセデス・ベンツVクラス
メルセデス・ベンツVクラス    メルセデス・ベンツ

2019年10月に発表された現行Vクラスは、3点式シートベルト一体型のシートや多彩なシートアレンジが可能なシートレイアウト、FRレイアウトなど、これまでのVクラスのコンセプトを継承しながらも、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」と対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備するなど、最新の「メルセデス・ベンツのミニバン」の名に相応しい快適性と安全性を備えている。

今回の主な変更点は、全車標準装備の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に、並列駐車スペースからバックで出る際に、後ろを横切るクルマを検知してドライバーに注意を促すとともに、必要に応じて自動でブレーキを作動させる「リアクロストラフィックアラート」を追加。

また、スマートフォンをケーブルで接続することで、車両側のメディアディスプレイでスマートフォンアプリが使用可能となる「スマートフォン連携機能」も、標準装備に追加された。

さらに、エクスクルーシブシートパッケージに採用されているエクスクルーシブ シート(2列目)では、シート素材がナッパレザーへ変更となったほか、カップホルダー、USBポート、スマートフォン用トレイ、小物入れが追加され、質感と利便性が高まった。

価格(税込)は、791万円~959万円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×