WRC制したセバスチャン・オジェ 今シーズンである意味「引退」? 王者の引き際

公開 : 2021.12.05 18:05

8度目の王座獲得を果たしたセバスチャン・オジェ。WRCフル参戦は今シーズンで最後とされています。

輝かしい姿を残せるか

ラリー・モンツァを制し、8つのWRCタイトルと54の勝利を獲得したセバスチャン・オジェは、ここで終止符を打つことになるかもしれない。公式には、オジェは来年も部分的に参加し、ハイブリッドのGRヤリスをエサペッカ・ラッピとシェアすることになっている(正確なプログラムは未定)。

モンツァでは、オジェのスピード、モチベーション、そして品格が失われていないことが証明された。来年のラリー・モンテカルロで優勝しても不思議ではない。

セバスチャン・オジェ
セバスチャン・オジェ

彼がこのままラリーを続け、セバスチャン・ローブが持つ9つのWRCタイトルに並んだ(あるいは上回った)としても、驚くことではない。オジェはまだ37歳なのだから。

しかし、彼の決断に大きな影響を与えている人物がいる。それは、ドイツのテレビ司会者であり、オジェの妻であり、幼いティム・オジェの母親としても知られるアンドレア・カイザーだ。彼女は自分の意見を明確にしている。すなわち、オジェの引退を望んでいるのだ。

彼女の言うことにも一理あるかもしれない。非常に高いレベルで活動しているチャンピオンは、その輝かしい姿をパートタイムで再現することはほぼ不可能だ。ローブやミハエル・シューマッハのような超一流のドライバー(オジェもその1人)でさえ、一度リタイアしてしまうとピーク時のパフォーマンスに戻ることはできないのである。

また、オジェ自身もずっと前から引退を口にしており、パンデミックでシーズンを棒に振っていなければ、昨年末には引退していただろう。それが、今になってようやく終わりを迎えたというわけだ。

一方、オジェのコ・ドライバーであるジュリアン・イングラシアは先月、ラリー・モンツァを最後にキャリアを終えることを発表した。来年は、ベンジャミン・ヴェイラがオジェのパートナーになる。

しかし、オジェはすでにバーレーンでトヨタの新型ル・マン・ハイパーカーをテストしており、レースにも出てみたいと考えているようだ。

自分の情熱に従う人を咎めることはできないが、来年はいろいろなことが大きく変わるだろう。オジェが再びステージに立つのは素晴らしいことだが、これまで誰も成し遂げていないことをやった方がすっきりするのではないだろうか。つまり、最後にタイトルを勝ち取ってWRCを引退し、紛れもなく、そして永遠に頂点に君臨するのだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像