ハーレーダビッドソン・ライブワイヤーへ試乗 北米の鉄の馬も電動へ

公開 : 2022.01.10 08:25

アメリカンバイクの代表、ハーレーから電動モデルが登場。ライダーも納得の仕上がりだと、英国編集部は評価します。

ここ10年間で最も大きな話題を集めた1台

あのハーレーダビッドソンから、電動モデルのライブワイヤーが発売された。筆者が乗ったなかではベスト・ハーレーと呼べるだけでなく、本物の個性すら感じさせてくれる1台だといえそうだ。

ハーレーダビッドソン・ライブワイヤーの価格は、英国で2万8995ポンド(約440万円)から。ハーレーとして最高額ではないものの、安くはない。

ハーレーダビッドソン・ライブワイヤー(英国仕様)
ハーレーダビッドソン・ライブワイヤー(英国仕様)

ライブワイヤー1台で、電動バイクのゼロ・モーターサイクルSR/Sと、内燃エンジンのヤマハMT-07の2台を購入できてしまう。だが、資金力のあるアーリーアダプター・ライダーを惹きつけることはできるだろう。

ライブワイヤーが発表されたのは2019年。ここ10年間で、最も大きな話題を集めたバイクだといえる。英国のテレビ番組、「ロング・ウエイ・アップ:大陸縦断バイクの旅」にも登場し、すでに高い評価を集めている。

先進技術の企業としてポジショニングを改めるという、ハーレーダビッドソンの決断も、バイク業界で大きな反響を生んだ。Vツインのアメリカンバイクを作ってきたメーカーが、最先端の電動バイクを真っ先に発表するとは、殆どの人が想像しなかったと思う。

伝統あるブランドとして、勇敢なチャレンジだといえる。英国では多くの人が認識しているようで、撮影の合間に電動のハーレーですよね、とたくさん声をかけていただいた。

マーケティング的には幸先の良いスタートを切った、ライブワイヤー。実際に乗った印象はどうだろうか。今回は珍しくバイクへの試乗となるが、少しお付き合いいただきたい。

駆動用モーターは105ps 航続距離は152km

まずはハードウエアの確認から。V型2気筒エンジンの代わりに搭載されるのは、105psの駆動用モーターと、15.5kWhのバッテリー。航続距離は市街地で234km以上、高速道路など複合的な環境では152kmがうたわれている。

現在の電動バイクとしては競争力のある距離だが、画期的な数字ではない。スポーツバイクのゼロ・モーターサイクルSR/Sは、試乗時に259kmを走れている。

ハーレーダビッドソン・ライブワイヤー(英国仕様)
ハーレーダビッドソン・ライブワイヤー(英国仕様)

ただしSR/Sとは異なり、ライブワイヤーは急速充電器へ標準で対応する。DCで最大13kWまで許容し、0-80%を最短40分、0-100%は最短60分でまかなえる。

丁度いい場所に充電スポット付きのレストランを見つけられれば、昼食をとっている間に充電を完了できるだろう。英国家庭用の3ピン・コンセントにも対応し、自宅でも1時間当たり20kmぶんの電気を蓄えられるという。

製造品質やディティールは、さすがハーレーダビッドソン。従来的なタンク型カウルの上部に用意された充電ポートや、小さな部品にまでコダワリを感じる。オレンジ・フューズと呼ばれるメタリック塗装の仕上げも、圧倒的に高い。

LEDヘッドライトにTFTのメーターパネル、キーレス・イグニッション、ショーワ社製のフォーク、ブレンボ社製のブレーキが標準装備。高めの価格だけのことはある。

スターターボタンを親指で押しただけでも、ライブワイヤーに払われた労力が伝わってくる。TFTモニターの両脇に配されたライトバーがグリーンに灯り、電動バイクがライブ状態であることを教えてくれる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Move Electric UK

    Move Electric UK

    英国の純EV専門メディア
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像