アウディA3スポーツバック30TFSI 1stエディション試乗 VWゴルフと異なる立ち位置

公開 : 2022.01.04 06:45  更新 : 2022.01.04 16:19

アウディA3スポーツバック30TFSI 1stエディションに試乗。ライバルのVWゴルフと比較します。

あらためて向き合う 1Lプレミアム

ご存じのようにアウディA3スポーツバックは「話題の新車!」というわけではない。

4代目となる新型A3シリーズのデビューは2021年の4月。

アウディA3スポーツバック30TFSI 1stエディション
アウディA3スポーツバック30TFSI 1stエディション    神村聖

ボディ形式は例によってセダンとスポーツバックが用意されている。

エンジンは2種。

1L 3気筒ターボ+48Vマイルドハイブリッドの30TFSIと2L 4気筒ターボで、前者はFFでトーションビームのリアサス、後者はクワトロ+ダブルウィッシュボーンとなっている。

輸入車の定番である1stエディションは、上級グレードに可能な限りの装備を追加した豪華仕様となる。

A3スポーツバックの場合は上級グレードの30TFSIアドバンストが346万円であるのに対し、453万円もする。

つまりクワトロのアドバンスト(440万円)よりも高いことになる。

MMIナビゲーションやシートヒーター、アダプティブクルーズコントロールといったプレミアムカーに必要不可欠なオプションもあるので、実際の価格は400万円以上になるはずだが、ルーフレール風のモールなど加飾的な意味合いのパーツも含まれている。

ともあれ乗ってみるとどうなのか?

マイルドハイブリッドの本領発揮

今回の試乗は少し混みあった羽田空港の近辺でおこなった。

A3スポーツバック30TFSIには都市部のアシグルマというイメージがあるのでちょうどいいかもしれない。

アウディA3スポーツバック30TFSI 1stエディション
アウディA3スポーツバック30TFSI 1stエディション    神村聖

寸法的には1815mmという車幅が少し気になるが、駐車場で取りまわした感じは充分コンパクトに感じられた。

1Lのエンジンというと気になるのは発進加速だが、スロットルの踏みはじめやターボラグをBAS(ベルト・オルターネーター・スターター)が実にうまくアシストしてくれるので不満は感じられなかった。

2L超えのエンジンだとMHEVの恩恵を感知できないこともあるが、1Lだとちゃんと仕事をしている感がある。

しっかりしたボディや静粛性の高さと相まって、最新のドイツ車らしい高効率な感じも伝わってくる。

気になったのは路面の不整を拾ったときのリアの跳ね方だった。

リアシートに人が乗っていれば気にならないのかもしれないが、縦方向の揺れが残りリアまわりの落ち着きのなさが目立った。

ベーシックな30TFSIは16インチ、アドバンストは17インチが標準だが、1stエディションは18インチとなる。

おそらくトーションビームが18インチタイヤの硬さを充分にカバーできていないのだと思う。

ちなみに同じEQBプラットフォームとトーションビームのリアサスを採用する1LのゴルフeTSIアクティブ(16インチ)ではまったく違和感がなかった。

そうそう、A3スポーツバックというとどうしても脳内比較したくなるのはゴルフなのである。

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事