世界最大の自動車工場 32選 後編 次々とクルマが作られていく超巨大ファクトリー

公開 : 2022.01.22 18:25

セアト:スペイン・カタルーニャ州マルトレル市 – 50万台

バルセロナ郊外にあるマルトレル工場では、毎年約50万台のフォルクスワーゲン・グループ車を生産している。1993年に操業を開始し、現在では280万平米の敷地で1万1000人の従業員が働いている。

スペインの気候を最大限に利用し、工場の屋根には5万3000枚のソーラーパネルが設置され、稼働に十分な電力を供給している。毎年7000トンの二酸化炭素排出を削減しているという。

セアト
セアト

フォード:米ミズーリ州カンザスシティ – 50万365台

カンザスシティ工場は、その名の由来となった地から北に15kmほど離れたミズーリ州クレイコモにある。ここではフォードがF-150の多くを製造しており、これが米国内のベストセラー車である以上、生産台数の多さは当然予想されることである。

1951年から軍用車を製造しており、1956年に初めて民間車の生産を開始して以来、その規模は2倍以上になった。51万平米の工場には7000人が働いており、米国市場向けのフォード・トランジットも生産している。

フォード
フォード

トヨタ:米ケンタッキー州 – 55万人

トヨタ自動車ケンタッキー工場(TMMK)は、トヨタの単一工場としては最大規模であり、米国で初めて100%出資した工場でもある。1988年にカムリの生産を開始し、米国でのセダン人気に支えられてきた。現在もカムリ、RAV4レクサスESを生産している。工場では1万人を雇用している。

トヨタ
トヨタ

キア:韓国京畿道華城市 – 56万3000台

キアの華城(ファソン)工場のスケールは印象的で、巨大な敷地内には大型モデルを生産するラインだけでなく、独自の鋳造工場、ボディプレス工場、テストコースがある。敷地面積は330万平米。韓国の西海岸に位置するため、生産された自動車はそのまま船に積んで世界中に輸出することができる。

華城工場内のテストコースは全長約15km、12種類のルートがあり、32パターンの路面が用意されている。

キア
キア

マツダ:広島県 – 56万9000台

マツダの広島本社工場は、自動車産業における最も重要な拠点の1つだ。年間生産能力は56万9000台で、CX-3CX-5CX-8、CX-9、ロードスターなど、マツダのほとんどの車種がここで生産されている。

工場の屋根にはソーラーパネルが設置され、現在1.1MWを発電している。この電力は工場全体で使用するだけでなく、EVのMX-30の充電にも充てられている。

マツダ
マツダ

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像