新型レンジローバー 9年ぶりモデルチェンジで5代目に 完全新設計 初の3列7人乗りも

公開 : 2022.01.17 15:34

レンジローバーが、フルモデルチェンジし5代目に。内外装やパワートレイン、価格をお伝えします。

新型レンジローバー、登場

ジャガーランドローバー・ジャパンは、新型レンジローバーを日本国内で発表。

2022年1月17日(月)から全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注開始する。

新型レンジローバー
新型レンジローバー    ジャガー・ランドローバー・ジャパン

新型レンジローバーは、世代を超えて受け継がれてきた特徴的な3つのライン(ルーフ/ウエスト/シル)や、短いオーバーハング、クラムシェルボンネット、フロントエンド、直立したフロントガラス、実用的なスプリットテールゲート、テーパー形状でボートテールのようなリアなど、レンジローバーのプロポーションを定義づける要素が随所にちりばめられている。

いっぽう、新デザインのフロントグリルやエアインテーク、極力その存在を隠して目立たないようにした新開発のウエストレール・フィニッシャーが作り出す切れ目のないウエストライン、フラッシュグレージングやシームレスなレーザー溶接などの最新技術を駆使した凹凸のない表面や、点灯するまでその存在に気づかないリアランプなど、さり気なくも大幅に変更されている。空気抵抗係数(Cd値)0.30の実現にも貢献している。

ボディタイプはスタンダードホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)を用意する。

初の3列7人乗りモデルも

インテリアは従来の上質なレザーに加え、ウルトラファブリックや高級テキスタイルメーカー「クヴァドラ」社との共同開発によるウール混紡テキスタイルによる素材など、様々な素材、仕上げから選択が可能。

室内には、ハプティック(触覚)フィードバック機能付きの新開発13.1インチのフローティング式フルHDタッチスクリーンを装備した最新のインフォテインメント・システム「Pivi Pro」をはじめ、2つの11.4インチHDタッチスクリーンと8インチリアシートタッチスクリーンコントローラーからなるリアエンターテインメントシステム、スピーカーと照明を備えたテールゲート・イベント・スイートなど、利便性を高める機能が備わる。

レンジローバー初となる3列7人乗り(LWBのみ)の内装。
レンジローバー初となる3列7人乗り(LWBのみ)の内装。    ジャガー・ランドローバー・ジャパン

また、静粛性を確保する第3世代となる新しいアクティブノイズキャンセレーションや、臭いやアレルゲン、ウイルスなどを大幅に低減させてクリーンで快適な室内空間を提供する「空気清浄システムプロ」(ナノイーX搭載、PM2.5フィルター付)といった新機能も初採用し、静寂でクリーンな室内空間を提供する。

シートレイアウトは4人乗り(SV LWBのみ)、5人乗り、そしてレンジローバー初となる3列7人乗り(LWBのみ)から選択できる。

3列目もフルサイズシートになっており、セミアニリンレザーシート、4ゾーン・クライメート・コントロール、パワーシート、シートヒーター、タスク・ライティング、USBソケット、インテリジェント・シート・フォールドを標準装備している。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像