ホンダ 新型「e:Ny1」プロトタイプ公開 2台目の完全EVは小型SUVに 欧州

公開 : 2022.03.24 18:25  更新 : 2022.03.24 23:02

ホンダは2023年に欧州で発売予定の「e:Ny1」のプロトタイプを公開。ホンダeに続く2台目のEVです。

新開発のプラットフォームを採用

ホンダは、2023年に欧州で発売予定の小型電動SUV「e:Ny1プロトタイプ」を公開した。

また、同年にはさらに2つの電動化モデル、小型ハイブリッドSUVと新世代のCR-Vを発売予定であることを明らかにしている。

ホンダe:Ny1プロトタイプ
ホンダe:Ny1プロトタイプ    ホンダ

ホンダはe:Ny1について、「将来の製品ラインナップの中心になる」とし、「ホンダが誇るダイナミクス、テクノロジー、デザインのユニークな融合」であると述べている。

同時に、欧州向けにハイブリッド仕様のホンダ・シビックe:HEVも公開。2022年末までに欧州における主要モデルをすべて電動化する計画を完了させた。秋に登場するシビックe:HEVは、ジャズ(フィット)、CR-V、HR-V、そしてEVのホンダeと並んで販売される。

ホンダeは2020年の発売以来、そのレトロな外観で人気を得ているが、航続距離がわずか220kmと都市型EVとしての魅力は限定的だ。

これに続く2台目のEVとして、e:Ny1はジャズに近い全長と全幅を持ちながら、より長い航続距離を実現する家族向けモデルとなるだろう。

e:Ny1は、「e:NアーキテクチャーF」と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用する。ホンダはe:Ny1のために作られたものとしているが、コストの面から、他のモデルでも使用される可能性が高い。

欧州ラインナップの電動化完了

また、新型のハイブリッドSUVは、現行CR-Vと同程度のサイズになり、トヨタRAV4などに対抗することになるという。それに伴い、次期CR-Vはやや大型化するようだ。

ホンダは、欧州で2030年までにEVと水素燃料電池車の販売比率を40%、2035年までに80%にする計画だ。2040年までには全世界でICE車の販売を終了することを目標としている。

ホンダが2023年に欧州で発売する新型車
ホンダが2023年に欧州で発売する新型車

さらに、電動化の次の段階として、2050年までにカーボン・ニュートラルを達成するための「マルチパスウェイ戦略」を採用する。「固体電池、交換可能なバッテリーシステム、カーボン・ニュートラル燃料、水素電池など、さまざまなゼロ・エミッション技術」に投資していくとしている。

ホンダ・ヨーロッパの上級副社長であるトム・ガードナーは、次のように述べている。

「電動化目標の達成は、欧州のホンダにとって重要なマイルストーンです」

「しかし、当社はこの結果に満足せず、バッテリーEVやハイブリッド車の選択肢をさらに広げ、急成長しているB-SUVやC-SUVセグメント向けの製品を増やす計画をすでに進めています」

「2023年に導入する新型車は、次世代の電動ホンダ車の方向性を示すもので、いずれもお客様が慣れ親しんだ魅力的なドライビング・ダイナミクス、快適性、優れた使い勝手を維持しています」

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像