ルノー・メガーヌ1.5 dCI 110GTライン

公開 : 2012.06.15 19:48  更新 : 2017.05.29 19:23

■どんなクルマ?

流線型のボディを持ち、且つ合理的なルノー・メガーヌのラインナップの中でも、興味深いモデルがdCI 110GTラインだ。このモデルは、パフォーマンス・モデルでもないし、ステータスなモデルでもない。質素で実用的な法人向けの量販車なのだ。

フェイスリフトされた2012年のメガーヌは、やっと英国に到着したところだ。そして、これがわれわれが最初にテストするライトハンド・ドライブ・モデルとなる。

そのエンジンは、ルノー−日産の1.5リッター・ターボ・ディーゼルで、28.6km/lという燃費と90g/kmというCO2排出量を誇る。共に、フォルクスワーゲンのゴルフ・ブルーモーションを超える値だ。

GTライン・トリムは、スタンダード・スペックに加えて、17インチのアロイ・ホイール、クルーズ・コントロール、衛星ナビゲーション・システム、バックモニター、本革製シート、ブルートゥースとUSBコネクトなどが装備され、21,300ポンド(260万円)という価格が付けられている。更に、ルノースポーツのシートや、スポーツ・バンパー、そして最も重要なスポーツ・サスペンションもGTライン・トリムには装備されている。

■どんな感じ?

メガーヌのフェイスリストは、フォードのモダンでテクニカルなルックスのフォーカスや、フォルクスワーゲンの細部にこだわったゴルフ、そして、ヒュンダイの改善されたi30に対抗するために、材質のクオリティやキャビン・デザインに煌きを加えることはなかった。若干の装飾が新しくなっただけで、否応なしに高いシート・ポジションや、浅い足元の空間、質素であまりにも普通なエルゴノミックからは程遠いダッシュボードなどはそのままだ。しかし、少なくとも、実用性は保たれている。

メガーヌのエンジンを始動すると、それが静かでマナーが良いことがすぐに分かる。パフォーマンスがこのクルマの売りではないが、108bhp、24.5kg-mのエンジンでも十分に競争力はある。また、そのギアボックスが6速(VWグループのブルーモーション/グリーンライン/エコモーティブは5速)であるのも良い点だ。

スロットルのレスポンスは良くはない。しかし、日々のドライビングに十分と言えるだろう。

クルマ自体はもちろん質素そのものだ。さすがに28.5km/lという燃費をマークするのは難しいが、21km/l台なら実際問題マークすることは可能だ。トップギアは高いレシオだが、それでもパワー不足を感じることはなく、高速道路で寛いだクルージングを味わうことができる。また、そのステアリングも爽快に走ることを手助けしてくれる。

ダンピングとボディ・コントロールは快適で、路面の状況をよく伝えてくれるステアリングの信頼性も高い。コンチネンタルのスポーツ・コンタクト3というタイヤは、パフォーマンスカー・レベルのグリップを与えてくれないが、驚くほど静かなタイヤだ。

コーナリングは、気持ちのよいバランスがあり、クイックでクリーンなレスポンスを示してくれる。もちろん、速いクルマではないが、バランスが良く、機敏な反応を見せてくれたのだ。

■「買い」か?

残念ながらノーだ。僅か108bhpのクルマに、これほどのシャシーが必要だとは思えない。もちろん快適さを追求することは悪いことではない。もし、会社がスポーティなモデルを選ぶことを許してくれるなら、メガーヌGTラインはその選択肢となろう。しかし、重要なのは最も質素なクルマを選ぶこととなると、GTラインはそれにそぐわないだろう。

(マット・ソーンダース)

ルノー・メガーヌ1.5 dCI 110GTライン

価格 21,300ポンド(260万円)
最高速度 190km/h
0-100km/h加速 12.1秒
燃費 28.5km/l
Co2排出量 90g/km
乾燥重量 1215kg
エンジン 直列4気筒1461ccターボ・ディーゼル
最高出力 108bhp/4000rpm
最大トルク 24.5kg-m/1750rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事