新型フェラーリ・デイトナSP3 最高出力840psのV12ミドシップ・スーパーカー 英国で公開

公開 : 2022.06.24 06:25

フェラーリの超高級シリーズ「イーコナ」の最新作、デイトナSP3が英国で一般公開されました。フェラーリ史上最強のV12エンジンを搭載しています。

599台の限定生産モデル

フェラーリの超高級モデル「イーコナ(Icona)」シリーズの最新作、デイトナSP3は、モータースポーツの歴史に名を刻んだレーシングカーにオマージュを捧げる限定生産モデルである。

1967年のデイトナ24時間レースで、フェラーリが330 P3/4、330 P4、412 Pでワンツー・スリーフィニッシュを達成したことにちなんで名づけられた。この伝説的なレースは、「グローズドホイール・レースの黄金時代、何世代ものエンジニアとデザイナーの不朽の基点」と表現されている。

フェラーリ・デイトナSP3
フェラーリ・デイトナSP3

デイトナSP3は599台のみ製造予定で、価格は税込みで200万ユーロ(約2億8000万円)とされている。SP1とSP2を所有するオーナーが優先され、2022年後半に納車が開始される予定だ。

フロントガラスがないために特定の地域では公道走行ができないSP1/SP2とは異なり、SP3はどの地域でも公道走行が可能だという。

自然吸気V12のMRスーパーカー

デイトナSP3は、6.5L自然吸気V12エンジンを搭載し、最高出力840psと最大トルク71kg-mを発揮。これまでの非電動モデルでは最もパワフルなフェラーリとなった。また、V12エンジンをミドマウントする市販モデルは、ラ・フェラーリ以来である。

812コンペティツィオーネのエンジンをベースに、吸排気系の変更、軽量チタン製コンロッド、低摩擦のピストンピン、軽量クランクシャフトなどさまざまな改良が加えられている。トランスミッションは7速AT。

フェラーリ・デイトナSP3
フェラーリ・デイトナSP3

V12は、9500rpmのレッドラインまで「急速に上昇するトルク曲線」を描き、0-100km/h加速2.85秒、最高速度340km/hと、フェラーリの公道モデルとして史上最速のタイムを記録する。

フェラーリの歴史を体現するデザイン

デイトナSP3は、フェラーリの歴史的モデルと現行モデルの要素を融合させ、エアロダイナミクスを最適化した特徴的なデザインとなっている。

例えば、ラップアラウンド型フロントガラスはP3/4を、「ダブルクレスト」のフロントウイングは512 S、712 Can-Am、312 Pなどのスポーツプロトタイプを彷彿とさせる。また、ヘッドライト上部の可動式パネルは、かつてスーパーカーで人気を博したポップアップ式ヘッドライトへのオマージュとなっている。

フェラーリ・デイトナSP3
フェラーリ・デイトナSP3

サイドミラーはフロントフェンダーに設置され、空気の流れと視認性を向上させている。また、バタフライドアに組み込まれたエアボックスは、サイドに設置されたラジエーターに空気を送るものだ。

リアでは、ユニークな「ブレード」の積み重ねによって、現行モデルとの差別化を図っている。これは、「未来的であると同時に、フェラーリのDNAに由来する特徴的な外観」であるという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像