メルセデス・ベンツMクラスは来年早々にフェイスリフトか

公開 : 2014.07.24 22:40  更新 : 2017.06.01 02:12

メルセデス・ベンツMクラスに、来年前半にフェイスリフトが施される予定で、その最終的なテストが現在行われている。

このプロトタイプから、新しいMLが、コンセプト・クーペSUVをベースとするMLクーペと同じようなフロント・エンドのデザイン・キューを持つことが解る。フロント・バンパーがローダウンされ、新しいエア・インテークと、4本バーのグリルが採用される。

インテリアでは新しいインフォテーメント・システムが採用されるほか、トリム・マテリアルもアップグレードされる。また、Vクラスと同様のタッチ・センシティブ・コントローラーも装備される。

エンジンは、カイエンS E-ハイブリッドと対抗すべきハイブリッド・エンジンが採用されることとなる。また、従来のML350に変わるモデルとして330ps、48.9kg-mのパワー、トルクを持つ3.0ℓV6ガソリンを搭載するML400が設定される。

トランスミッションは、ひょっとすると現在の7速Gトロニックから、新しい9速オートマティックに変更されるかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事