メルセデス・ベンツAクラス・セダン/CLAクラス/GLBクラス リコール届出 燃料供給ホース不具合

公開 : 2022.09.15 07:05

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダンなど4機種のリコールを届け出ました。

燃料供給ホースの不具合

メルセデス・ベンツ日本は、2022年9月14日付で、メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダン、GLB 250 4マティックなど4機種(2019年4月5日~2022年6月10日輸入)計4582台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

国土交通省によると、エンジンルーム内の燃料供給ホースにおいて配索設計が不適切なため吸気パイプと干渉するものがある。

メルセデス・ベンツGLB 250 4マティックの一部機種が対象
メルセデス・ベンツGLB 250 4マティックの一部機種が対象

そのため、エンジン振動などによりホースが摩耗して穴が開くことで燃料漏れが発生し、最悪の場合、走行不能に至るおそれがあるという。

改善策として、全車両、燃料供給ホースを点検し、干渉がある場合は燃料供給ホースを新品に交換し、正しく配索をおこなう。

ドイツ本社、および市場からの情報提供によりリコール届出となった。同様の不具合は8件確認されている。

なお、この不具合による事故の発生は確認されていない。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事