あのカラーを再現 ランドローバー75周年記念 ディフェンダー90/110に特別仕様車登場

公開 : 2022.09.14 18:25

ランドローバーの設立75周年を記念し、ディフェンダーに特別仕様車「75thリミテッド・エディション」が設定されました。ブランド初期モデルの代名詞ともいえるグラスミアグリーンなど、ユニークな仕様となっています。

初期の象徴的なグラスミアグリーンを採用

英国を代表する自動車ブランド、ランドローバーは設立75周年を記念して、ディフェンダーの特別仕様車「75thリミテッド・エディション」を発表した。

1948年に発表されたランドローバー・シリーズI(今はなきローバー社が販売していた)から3/4世紀を経て、最新モデルのディフェンダーにユニークな塗装などを施した。価格は8万5995ポンド(約1400万円)からとなっている。

ランドローバー・ディフェンダー75thリミテッド・エディション
ランドローバー・ディフェンダー75thリミテッド・エディション    ランドローバー

ボディスタイルは90と110の2種類で(8人乗りの大型モデル130は除外)、グラスミアグリーン(ランドローバー初期モデルの代名詞)の塗装と、ボディ同色の20インチアルミホイールが採用されている。

その他、ボディ全体に数種類の「75 Years」というグラフィックを施し、バンパーはセレスシルバーを採用するなど、ユニークな仕様となっている。インテリアでは、ダッシュボードのクロスビームもグラスミアグリーン仕上げとなった。

ランドローバーは、ディフェンダー75thリミテッド・エディションをコレクターズアイテムとして位置づけているが、生産台数に上限は設けていないという。

ライフサイクル・チーフ・エンジニアのスチュアート・フリスは、次のように述べている。

「この特別仕様車では、カラーやディテールなどで過去75年間のスピリットを表現し、革新的な新技術と比類のない全地形対応能力と融合させています」

パワートレインは、最高出力300psのD300ディーゼルエンジン(90と110)、および最高出力400psのP400eプラグインハイブリッド(110のみ)が用意されている。

標準装備として、3Dサラウンドカメラ、コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス、メリディアン製サウンドシステム、11.4インチのインフォテインメント・システムが搭載される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバー ディフェンダーの人気画像