中国の「国民的スポーツカー」 新型SC-01、来年発売予定 EVの2ドア・クーペ

公開 : 2022.09.27 18:05

中国の新興企業SSCは、小型の2ドアEV「SC-01」を発表しました。2023年に中国で発売予定で、「国民的スポーツカー」となることを目指しています。

新興企業の2ドアEV コンパクトなスポーツカー

中国の新興企業であるスモール・スポーツカー(SSC)社は、「純粋なドライビングプレジャー」を備えた「国民的スポーツカー」として、2人乗りのEVを発表した。

SC-01と呼ばれるこのモデルは、同社にとって初めての市販車である。2023年に発売予定で、価格は約30万人民元(約600万円)となっている。

SSC SC-01
SSC SC-01    SSC

中国のニュースサイトSohuによると、全長4085mm、全幅1820mm、全高1162mm、重量1300kgで、アルピーヌA110アウディTTに近いサイズだそうだ。

キャビン後方にバッテリー、フロントとリアに電気モーターを搭載しているのが特徴。最高出力は435psで、0-62mph加速は3.9秒。SSCによると、バッテリーをミドマウントすることで重量配分を最適化できるほか、車高を低くして空気抵抗を減らせるという。

航続距離は、中国のNEDCテストで500km。

シャシーにはスペースフレームを採用。水平方向に動くプッシュロッド式のショックアブソーバーにより、コンパクトでありながら剛性を向上させたという。

インテリアは、インフォテインメント・スクリーンを搭載せず、スイッチとボタンで操作するミニマルなスタイル。

SC-01は、2023年第4四半期に中国で納車を開始する予定。すべてのコンポーネントは中国で製造されるという。

今のところ、欧州や北米などの国際市場で販売されるかどうかは不明だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像