ランボルギーニ・アヴェンタドール 11年の歴史に幕 純V12エンジン車の生産終了

公開 : 2022.09.27 19:45

ランボルギーニは、アヴェンタドールの最終モデル「LP780-4ウルティマエ」の生産が終了したと発表しました。V12を搭載する純ICE車としては同社最後の市販車で、まもなく後継として新型のPHEVが登場します。

アヴェンタドール生産終了 PHEVへバトンタッチ

ランボルギーニ・アヴェンタドールの生産が終了した。最終モデルのLP780-4ウルティマエを出荷し、11年の歴史に幕を下ろした。純V12エンジン搭載車としても、同社最後のモデルとなる。

プラグインハイブリッドの後継モデルは、テスト走行中のプロトタイプが目撃されており、今年後半に公開される見通しである。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティマエ
ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティマエ    AUTOCAR

アヴェンタドール・ウルティマエは、シリーズで最もパワフルなモデルとされている。6.5L V12エンジンにより、最高出力780psを発生して全輪を駆動する。0-62mph加速はわずか2.8秒、最高速度は355km/hに達し、シリーズ最速となっている。

アヴェンタドールベースのエッセンツァSCV12は830psを発生するが、こちらはサーキット走行に限定される。

最終モデルとして限定生産となったウルティマエ。350台のクーペと250台のロードスターにはそれぞれシリアルナンバーが刻印される。レッドのアクセントが印象的なグレーのカラーリングや、カーボンファイバー製ルーフパネルなどユニークな仕様が用意されていた。スタイリングも従来のモデルとは異なるテイストに仕上がっている。

アヴェンタドールに代わって登場する後継モデルは、プラグインハイブリッド・システムを搭載する電動モデルとなる予定。しかし、内燃機関には大排気量のV12を引き続き採用し、これに電気モーターを組み合わせることでランボルギーニの伝統を受け継ぐ。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長は昨年、AUTOCARの取材に対し、12気筒エンジンには「多くの感情が込められている」と語っており、ブランドに欠かせない要素との見方を示している。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランボルギーニ アヴェンタドールの人気画像